歌舞伎座に向けて!!



こんぴらの4月興行が早く終わったので「お休み」を有意義に過ごしています。いちばん初めにしなければならなかった身体の検査、四軒の先生に診て頂きましたが、お陰様で「脳」のMRIも「内臓」の数値もまったく異常は認められませんでした。楽しみにしていた「都をどり」も25日に観ることが出来、深夜まで楽しく過ごしました!大阪、京都でのお食事会にもお招き頂き、しっかり元気を頂き上京しました。歌舞伎座の稽古は29日からですが、今日28日はご贔屓が国立劇場の舞踊会で七之助君の墨染を相手に関兵衞を踊られるので一日早く上京しました。京都の綺麗どころも沢山観賞するので、客席ロビーも華やか舞踊会になることと思います。「関の扉」、楽しみにしています。(ロビーも楽しみ&)

コメントの投稿

非公開コメント

お江戸からの

ご更新 楽しく拝読。 踊の会とやら…京都からの綺麗どころも東上とあれば、客席もさぞさぞ華やかな事。
秀太郎丈の栄御前 おきさ 楽しみに致します。



お江戸へようこそ

明日からもうお稽古ですか。
金丸座は早めの千秋楽でしたが歌舞伎座は遅めの今日が千秋楽ですね。
七之助さんかけもちですか!
舞台もロビーも華やかそうですね…
充実の休日をお楽しみ下さいませ!
来月の舞台を楽しみにしつつ今月の千秋楽を楽しんで参ります♪

東京~

自然豊かな金毘羅から、雅の京都、憩いの大阪ご自宅から
久々?東京の空気はいかがでしょうか?昼と夜の気温差がある
日がまだ残っておりますのでお風邪を召しませんように。
健康チェッククリアされたとのこと素晴らしいですね。
明日から歌舞伎座でのお稽古、お目にかかれるときもあります
ように願っております!歌舞伎座のお舞台楽しみに待っております。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム