五日目





歌舞伎座の五月興行、早くも五日の舞台を終えました。新しい歌舞伎座は舞台も楽屋もとても素晴らしく、こういう環境で舞台を勤めさせていただくのは本当に幸せ、ありがたい事です。「栄御前」も「おきさ」も何度も勤めていて好きな役なので、毎日楽しく舞台を勤めています。殊に山城屋の兄さんがとてもお元気で、その兄さんの政岡相手の栄御前、仁左衛門玉三郎の伊左衛門夕霧の吉田屋での「おきさ」、弥十郎さんの喜左衛門もとても良いので楽しく舞台を続けています。今月はいつもより2日長い公演で得したような気持ちです。添付の写真のツーショットは梅丸くん、「私の贔屓役者」です(^^)

コメントの投稿

非公開コメント

初日以来の更新嬉しいです

お写真沢山有り難うございます。
おきささんも栄御前様も素敵です。
そして取り次ぎの侍女の梅丸君♪私もファンで~す!

連休中は詰めて通いましたがまたすぐに拝見したくなっちゃいました。
いつもより二日長くて役者さん大変!と思っておりましたが得した気分でいらしたとは…何ごともポジティブな考え方の方がよいですね!見物側は勿論長い公演で得しております♪

素敵!!!

秀太郎さん凄い!凄い!
楽屋ののれん、宮川町の今をときめく、ふく光さんと君香さんからですね。京おどり贔屓の私には羨ましいかぎりですぅ~!

お写真ありがとうございます!

ぜ~んぶ素敵なお写真!!
のれんを分けてのお姿、なんと艶やかで美しいのでしょう。
秀太郎さんの心の若さと前向きな考え方は私の生活への
指針になっております。
今日はまた悲しい出来事を知り、心が寂しさにみたされました。
身近にともにいらっしゃった方々は如何ばかりとご拝察いたして
おります。
明るく健康に生きていることのありがたさを思いおりますと共に
秀太郎丈のご健勝、皆々様のご健勝をお祈りしております。

楽しみにしています

来週、歌舞伎座、二部を拝見いたします。今から楽しみでなりません。
本当に秀太郎さん、どれもすてき。
写真をいつもアップしてくださって嬉しいかぎりです。
梅丸くん、私のまわりにもファンがいっぱいいます。もちろん私も。

今日も堪能いたしました♪

栄御前様、政岡の様子伺い始めるのが、八汐が「現在のそなたの子、悲しうはないか?」って言うあたりなんですね。

身分の高い栄御前様は飛び出た小児が何者なのかご存じなかったけどこの八汐の言葉でそうと知り、様子観察に入るのか!と納得しました。

おきささんは初日付近は天満の天神さんで仁左衛門さんにお会いでしたが浅草の観音様に変わったのですね。歌舞伎座ご出演の松嶋屋さんに会う設定だからおきささんの方が、お江戸まで足を伸ばされたんですね♪

今月二部は両方好きなお芝居で楽しいです!昼間は夏の陽気となって参りました。まだまだ続く公演ですがくれぐれも御身体にはお気をつけ下さいませ(^-^)/
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム