明日は初日!!


今日は11時から「ヤマトタケル」「小栗栖の長兵衛」「口上」「楼門」そして最後に「四の切」の舞台稽古があり、私の楽屋入りは4時半、「四の切」が終わったのは九時でした。今まで随分と「宙吊り」をみてきましたが、博多座は凄いです!見送っていて怖くなるほど高くあがるり、源九郎狐が小さく見えるのです、本当です!オーバーな表現と思われる方々は是非実際の舞台を御覧ください!博多座でお待ち致しております。

コメントの投稿

非公開コメント

そう仰られると観たくなりますが

金銭的理由で今月は断念です~(>_<)

確かに博多座天井高いわ~と思いましたのであそこでの宙乗りは遥か上空に見えることでしょうね♪

前月の千穐楽から移動日含めて中3日での初日というのは何度もなさったお役とはいえ大変そうに思われますが、くれぐれもお身体にはお気をつけ下さいませ!

今月100回目をお迎えになる秀太郎さんの静御前に(私まだそのうちの3回しか拝見出来ておりません~(>_<))博多のご見物衆も魅了されることでしょう!

初日おめでとうございます!

博多の初日の幕が華やかに開いたことを想像しております。
知っているようでよく知らない「静御前」のことを少しだけ
歴史の学習(?)をしました。
秀太郎丈の静御前拝見できないのが残念です。
東京は気持ちの良いお天気でしたが、気温の差がある折から
お体にお気を付けになって、天に昇るような源九郎狐をお見守り
になってくださいませ。

プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム