ありがとうございます「訂正」





去年6月演舞場で初めて「四の切」の静御前を勤め、今年の正月、3月4月と上演回数を重ね、今日6月9日で100回目を勤めることが出来、これもひとえに猿之助さん初め皆さんのお力添えと心から感謝しております。役者人生での一役100回は別に珍しくなく、私も幾役か演じていますが、七十歳を越して初役で「赤姫」を演じ、一年一ヶ月の間に100回勤めさせていただくのは大変珍しく、無事に勤めることが出来、とても嬉しく思っています。その間、もちろん忠信は猿之助さん、また飛鳥は竹三郎さんが去年から変わりませんが、義経は山城屋さん扇雀さんと愛之助の三人、法眼は段四郎さんと寿猿さんと、その月によって変わりました。中でも寿猿さんの元気さが嬉しいです!寿猿さんは昭和五年生で山城屋さんの一歳年長ですが、それはそれはお元気で「小栗栖の長兵衛」の父親でも大活躍、口上のご挨拶も大きな声で「思い出」をのべ喝采をうけています。とにかく今回の四の切、出演俳優の歳を足したら凄い記録になるのでは…、さりながら「役者に歳はありません」ので、いま申した事は
「ここだけの話し」にしてください!!(先のブログで「法眼が法元」になっていました。お恥ずかしい誤りです。)

コメントの投稿

非公開コメント

こちらにも…

コメントしちゃいます。
手作り感満載な祝幕(?)にほのぼのしました。
鏡台前にもなにやら貼り紙が?
ちょっと字までは読めませんが…

お隣でお支度中の方はどなたかしら…

アットホームなお写真と美しい静御前のお写真有り難うございます!

今日からの101回目以降もお元気でおつとめ下さいませ!

Yさん

本当に嬉しい
「静御前100回おめでとう」手づくり張り紙ですよね。
お写真
目をこらしました…。
こしらえ中とみえるのは、秀太郎丈が、これから 顔 にかかろう としてらっしゃるか
お役 終えられての お風呂あがりかな
肌脱ぎされた後姿 から お風呂あがり のようにも

珍しい楽屋のお写真ありがとうございます。
と おめでとう ございます。



静御前100回おめでとうございます!

模造紙?におめでとうメッセージの暖簾、家族的で
温かく微笑ましいです。
お役の心になって静御前、うら若き美しい舞の名手
の静様になりきって、お年はどんどん若返りではと、
羨望のきもちです!!
足していくつの皆様が歌舞伎の屋台骨、お元気でご活躍を
と祈ってやみません。

訂正

鏡台前のは張り紙ではなく普通の紙袋なのかも…
なんかくつろいだ日常の楽屋風景
に暖かい100回祝い幕でなごみま~す♪

なんでも[i:63899]探偵團

結論
めでたく静御前100回目を勤められて、楽屋へ戻られたら、お目出度う幕 がしつらえてあって…。
お風呂あがりに寛いでいらっしゃるところの、パチリ! 幕のむこうは、りき弥ちゃんか? なごむ風景。


おめでとうございます

秀太郎さん、静御前さま、100回おめでとうございます。
100回のうち何回見れたのか、、、 両手はゆうに越えています。
拝見する度に、違う所も観れて毎回楽しく拝見させて頂いております。
秀太郎さんが演じる静御前がとても大好きで大好きで。
今月また観に行かさせて頂きます。
今月も楽まで皆さんが無事につとめられますように。

おめでとうございます。

 静御前100回おめでとうございます。お祝いの幕の写真を見て感動いたしました。

 博多の一か月は暑くて大変なことと思います。
どうぞ、お体ご自愛くださいませ。

 これからも、ブログ楽しみにしております。

おめでとうございます

おめでとうございます!昨夜の口上では猿之助さんが、先輩方の胸を借りて勉強出来ることが嬉しいと仰り、秀太郎さんの静御前が9日で100回だったことを話されましたね。猿之助さんからも愛されてる秀太郎さん!これからも記録が更新されることを願っております。

おめでとうございます

はじめましてv-238いつも拝見させて頂いてますが、初コメいたします。

大阪松竹座での静を観て以来 ファンになり、こんぴらのセレモニー
でのお茶目な姿を拝見し ますますファンになり…

これからも美しい「静」を100回と云わず200 300回と楽しみにしています。特に猿之助さんとのやりとりがただただ凄い!

大阪では少し風が強くなってきました。どうかお身体ご自愛下さいね。

おめでとうございます!!

大好きな秀太郎さん、これからも御元気にお勤めされますように!
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム