no title




アッと云う間に5日間が経ち一座一同、元気に舞台を勤めています。昼の部は37年振りの通し狂言「柳影沢蛍火」を夜の部も珍しい江戸の書き物、「杜若~」を上演していますが、お陰様でどちらも大変好評!私は昼の「柳影~」に出演、五代将軍綱吉の母・桂昌院を勤めています。とても難しいお役で、お稽古中はかなり悩みましたが、初日があいて演じてみると、とても楽しいお役で、主役の橋之助さん福助さん兄弟と大阪の成駒屋兄弟、翫雀・扇雀もとても好演、この芝居を初めてご覧になったお客様にも大変喜んで頂いておりますし以前ご覧になっていただいていた方にも4,116,666喜んで頂いています。仁左衛門は昼の部は踊り(保名)だけですが夜の部は「大蔵卿」で頑張っています。私は常磐御前で昼夜とも台詞は多いのですが、ほとんど座った芝居で、二役ともに脇息を使っています。ちなみに今月は常磐御前ですが5月の歌舞伎座では栄御前、1、3、4、6月は静御前と、1月から7月の間に「~御前」でなかったのは2月の松竹座の八剣伝の浜路の母と5月吉田屋の「おきさ」だけ…、
長い役者人生、こんな事は初めてです。夜の部の終演は当初の「9時をかなり回るだろう」といわれていましたが、お陰様さまで9時前、8時55分に打ち出すようになりました!私と弟は「大蔵卿」で終り6時半に芝居を終えて楽屋を出、道頓堀の夕景を楽しんでいます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム