十日目


今日十三日(日付が変わって十四日になりましたが)無事に十日目の舞台を終えました。殊の他厳しい暑さの続く毎日ですが、この暑さもおいといなく、初日からの大入り続き、役者も暑さに負けず一座一同、張り切って舞台を勤めていて、とても良い雰囲気の興行です。三組の兄弟とその子供たち、進之介、孝太郎、児太郎に加え、亀蔵・亀鶴さんがシッカリ脇を固めて芝居を盛り上げています。児太郎君は今回が「関西・初お目見え」だそうです。お父さんの福助さんは大の阪神タイガースファンだと云うのに、彼は巨人ファンで、彼が小学校低学年の時代から、いつも私(勿論タイガース)とケンカしているのを福助さんが見ていて「お兄ちゃん、ユウタ(児太郎)と本気でケンカしてる!!」と笑っていましたが、いまだにケンカ(笑)は続いていますが、わんぱく坊やだった彼ももう19歳、可愛い若女形に成長してる姿を見て、とても嬉しいです。今回は一緒の場面がなくて残念ですが、是非早く共演したいと思っています。前回迄のブロクで一緒に出ている腰元衆の写真を見て頂きましたが、りき彌だけ
が花道から登場するので一緒に写真を撮れなかったので、別にひとりの写真を撮らせました。なかなかキレイだと思うので(親バカでなくて師匠バカ?)見てやって下さい。私も毎日色々と工夫して芝居を楽しんでいますが、公演も後15日間、自分なりに満足のいく舞台を一日でも多く勤めたいと思っております。

コメントの投稿

非公開コメント

綺麗ですよ!

りき彌さん綺麗ですね。
今日は夜のみ拝見しま~す♪

児太郎さんトラ党のお父様をおもちながら巨人ファンとは知りませんでした!
秀太郎さんと児太郎さんとの阪神巨人戦拝見してみたいものです…

まだまだ暑いですがカンカン照りでないだけ今日はちょっとましですね。

残り二週間あまり、お体にお気をつけておつとめ下さいませ!

暑いですね

大阪も連日猛暑だそうですが、昨日今日はやや気温が低いようですね。でも館外に出ると、ビッグカメラやお食事場所の室内に入るまでが暑いでしょう。お体お大事になさってくださいませ。
今日はりき彌さんのお写真有難うございます。美人ですね。
昨日上方歌舞伎会のチケットが届きました。千壽さんの万野、りき彌さんのお紺が楽しみですが、ご指導の秀太郎丈は大変でしょうね。
さて阪神。私も阪神ファンで6連勝を喜んでいたら、昨夜は完封負け。せっかく巨人が負けたのに。
福助さんが大の阪神ファン、児太郎君は巨人ファンで、よく親子喧嘩することは福助さんのブログで知っていましたが、秀太郎丈も喧嘩なさるとは初耳で、でもほほえましくなりました。
今夜観劇のyさんを羨みながら、大蔵卿の最中であろう6時からBSで阪神DeNE戦を見ます。福助さんは杜若の拵えをしながら、テレビ見てるでしょうね。

中田サ高住と申します。

初めまして。中田サ高住と申します。
興味をそそるブログですね。またお邪魔させていただきたいと思います。
これからも更新頑張ってください!

by 中田サ高住

向かっています♪

今、新幹線で向かっています♪
今日は夜を そして明日は昼の部を拝見します♪


昨年の国立劇場で女形のできるまで…を素顔から舞台で見せてくださった時 その変身ぶりを見せていらしたのが多分りき彌さんでした♪

たいして厚塗りもしていないのにあっという間に美しい女性になられて ビックリ、ウットリした覚えがあります♪


毎年2月と7月は松竹座での松嶋屋一門のお芝居を観に通うのが当たり前になっています♪

今日の一番の楽しみは仁左衛門さんの大蔵卿と 秀太郎さんの常磐御前です♪♪

東京では ずいぶん長い間なさってないような気がします
私はもしかしたら初めてかもしれません

他の役者さんでは何回か拝見していますが…
もうワクワクです♪♪

鴨志田 昌也です。

鴨志田 昌也です。
今回ブログを見させていただきました。
また、見させていただきます。

産経新聞電子版に

秀太郎丈の、とてもいい歌舞伎話 が出てますよ。

サンケイの記事

魚之棚様
ありがとうございました!
亀岡典子さんのコラムですね
7月14日上となっているので21日には下がでるのでしょうか?

楽しみにしております♪

おせっかいながらurlはっておきます~

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130714/wlf13071418000018-n1.htm

Y様

早速 見て頂き嬉しいです。

お元気でうれしいです!

魚之棚さん、yさん情報ありがとうございます!
秀太郎丈のお声が聞こえるようです。

遅くなりましたがりき彌さん綺麗ですね。
私も昨年の国立の時のりき彌さんの変身を
思い出しておりました。

桂昌院さまを拝見できる日を楽しみにしております。
暑さ厳しい折お体にお気を付けになってくださいませ。

素晴らしい桂昌院と常磐御前!!

一條大蔵譚
昨日だけで我慢出来ず 今日は幕見しちゃいました♪

美しく上品な常磐御前!!
3人の子供の母でありながら 男たちがほうっておけない!そんな魅力的な女性でした!!そしてとても心の強い女性でした!!

また初めて観た桂昌院は権力の座につき 賄賂と占いと美男が好きと柳澤に言われるような女性だけど とことん女なんですね!!
病の床にありながら女として柳澤に迫っていく!そんな姿に憐れを感じました
可愛い女性の焦りが 自分の魅力を確認したいと思ったのでしょうか
品がなくなりそうな場面なのに少しもそんなことがなくて 失礼ながらさすがだと思いました♪

今月は二役とも お話の芯となる女性でしたね♪
出来ることなら私も そんな魅力的な女性になりたいけど もう手遅れかしら…

あと半分の舞台をお身体大切にお過ごしくださいませ!!


また拝見しました。

昨日、三回目の昼夜拝見しました。
将軍の母までのぼりつめながら、まだ柳澤に迫る桂昌院の女の性(さが)。それに引き替え、子どもを守るため、二回目三回目の嫁入りをしながらも、初志を忘れぬ常盤御前の凛々しさと哀しさ愛しさがいとおしいです。鬼次郎夫婦に責められる時、夫大蔵卿に褒められる時、そっと目立たないながらに見せる表情が見事ですね。今は長成の妻となって幸せでしょうね。
暑さが続きます。くれぐれもご自愛の上、ご活躍くださいませ。
魚之棚様、y様、貴重な情報有難うございました。秀太郎丈のお写真も素敵。「よっ松嶋屋っ!」

平成の名人

18日付産経新聞
『平成の名人』
片岡秀太郎丈 。
いいお顔だ。
亀岡氏の聞き書きも、実にいい。

常盤御前

一週間ぶりに拝見しました♪
勘解由に連れられ下におりてから、幕切れまでに一度後見に檜扇を預けるようになったのですね。大蔵卿に褒め称えられるとき檜扇で顔を隠していらしたのがそっと袖で隠すのみにになったり、鳴瀬の最期の様も檜扇で見ないようになさってたのが、夫と違って忠義な女性がなんと哀れな、という思いでしっかり最期を見届けて袖で目をおさえるようになってて、こっちの方が情があってええわぁ!と思いました。

やはりお芝居は生もの、日々色々とご工夫なさってたり変化があるのですね!

明日は初日以来の桂昌院様も拝見しま~す
楽しみです♪

大関敬助です。

大関敬助です。
今回、コメントさせていただきます。
また見せていただきます。
大関敬助でした。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム