お盆

今年もお盆の季節になりました。片岡家のお盆はお仏壇を客間の白布で被った雛壇に移動し、12日の夕方にお迎え火をたいて皆でお精来さんをお迎えします。お迎えすると「お迎えだんご」を供え、皆で御経をあげて全員お線香を上げたあと、小豆ときな粉の「お迎えだんご」を頂きます。父のドキュメンタリー映画「歌舞伎役者・片岡仁左衛門」でお盆の様子を見て下さっている方も多いとおもいます。15日に「お送り」するまで毎日のお献立が決まっていますが、もちろん精進料理、中でも私は2日目の「おはぎ」を楽しみにしています。

コメントの投稿

非公開コメント

ご先祖様もお嬉しいことでしょうね

映画でのお盆のご様子とても印象的でした。あのように大事におもてなしされるご先祖様方は毎年お盆を楽しみにされていることでしょうね。

残暑厳しいこの頃ですがくれぐれも御身体にはお気をつけ下さいませ。
上方歌舞伎会のご指導も頑張って下さい!

10日11日の竹三郎さんの会でも若い上方の役者さんもしっかり戦力として活躍され
ていて、頼もしかったです。
ああいう活躍の場が与えられて彼らも幸せだなぁと思いました。

11日のご挨拶で竹三郎がご養父菊次郎さんと13代目さんが仲よしでいらしたこと、翌12日からお盆なので一日早いけれどもお二方仲よくここでご覧になられて喜んでいるんじゃないかと思うということを仰ってました。

菊次郎さんを存じあげない私ですが、上演記録や歌舞伎見物大先輩のお話しで朝日座での竹三郎さんご襲名では吉野川の定家をなさってその折の雛鳥が秀太郎さん、竹三郎さんは久我之助で13代目さんが大判事だったと伺い、つくづく拝見したか
った~(T-T)と思っております…

吉野川は素敵なお芝居、大好きなお芝居なのにあまり出ないのが残念です。秀太郎さんの定家に十五代目さんの大判事で拝見するのが夢なのですが…

とリクエストで終わってしまいました。
ご先祖様方のおもてなし、頑張って下さいませ。

訂正

先のが名無しになっちゃいましたのと
定高と書きたかったのに定家になっちゃってました訂正お詫び申しあげます

なんか嬉しい♪

昨夕 なぜか
梅の井 へ行きました私。
秀太郎丈と同じ日に、めだかを見ながら 鰻を食しました。
なんの脈略もありませんが…。
同じ日に 同じものを食した…
と 喜んでいます。





お盆

13代目様の「歌舞伎役者 片岡仁左衛門」で拝見いたしました
お盆の様子、本当にご先祖様を大切にされているのがとても
印象深く残っております。おはぎの大きかったこと!
お経をあげ迎え火を焚き、お食事やお供え物やお盆の間は特に
ご先祖様をおもてなしされ送り火まで、映像と13代目さまの著書でも感銘を受けました。心が一つになる中心にご先祖様がいらっしゃるように思いました。

私の故郷のお盆は13日に家紋入りの縦長のやや大き目の提灯を
玄関のそとに掲げ、火を入れて、ご先祖様が迷わず帰ってこられるようにと、子供心に聞き及んでいました。
15日夜に精霊船にお供え物などを乗せて「西方浄土」へ送り出していました。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム