はや送り火




12日に御迎えしたお精霊さま、今日は機嫌良くお帰りになりました。私は何一つ手伝えませんが弟子たちや女性陣は大変でした。毎年ながら京都・神戸・東京から「松嶋屋ファミリー」の元お嬢様方が大勢で泊まりがけで手伝ってくださるのがとても嬉しいです。母が生前書き残したお盆4日間の献立表が台所に貼られているのも懐かしいです。二日目の「おやつ」は「おはぎとお素麺」3日目が「ちらし寿司」で、今日最終日は、手のかからない「スイカ」です。最後の御飯は精進料理に「日柄茶まま…茶飯」でいちばん最後に「お送りだんご」、これは御迎えだんごと同じものです。そして夕方七時半、送り火を焚いてお送りしました。片岡家のご先祖さまも、一旦表にお出になって、改めて家の仏壇に帰ってこられるのでしょうか…。とにもかくにも今年のお盆も無事にお勤めが出来ました。

コメントの投稿

非公開コメント

有難うございました

毎日詳しいレポートを有難うございました。
亡きお母様の献立表通りにご先祖様のご接待をなされ、お母様もさぞ安心なさっておられることでしょう。お手伝いの皆さんがいらっしゃるとはいえ、お台所を預かる女性は本当にご苦労様ですね。
明日は大文字の送り火ですね。
そして上方歌舞伎会のご指導ご苦労様です。
暑さが続きます。くれぐれもご自愛くださいませ。

もう送り火・・・

お盆の様子をアップしていただき画面の奥の御仏壇の仏様に手を合わせさせていただきました。ご先祖様や哲ちゃんや和やかにお帰りになったことと思います。
仏壇のお供え物、お客様のお接待など多くの方の真心を感じさせてもらいました。
ありがとうございました。

お疲れ様でした。

元お嬢様方(「元」って…(^_^;))とお弟子さん方もお疲れ様でした。
献立通りのおもてなし大変でしょうけれど、省略せずに守っていらっしゃるのはご先祖様方もお喜びのことでしょうね。

ご先祖様は一度表にお出になってまたお仏壇に来られるのでしょうか、につい微笑んでしまいました。お盆やお彼岸にこちらにいらっしゃるということは普段のお仏壇は空き家なのかしら?と思っちゃいますよね。

宗派上私の家ではご先祖様は阿弥陀様の元で幸せに暮らしていてこの世になど帰って来てくれないらしいのでまた事情も違いますが、お仏壇やお位牌は(家の宗派ではお位牌もないのですが…)あちらと繋ぐインターホンの窓口みたいなものなのかも知れませんね。そちらに手を合わせたらあちらに想いは伝わるけどもいらっしゃるのは遥か彼方…というような…と勝手に解釈しております。

お忙しいお盆が終わってものんびりとはいかず、上方歌舞伎会まで十日足らずでお稽古にも熱が入っていらっしゃることでしょう。伊勢音頭と車引、どちらも楽しみです♪久しぶりに十三代目さんのご本「夏祭と伊勢音頭」を再読してみようと思います。十月の愛之助さんの夏祭も楽しみで~す。十月は歌舞伎座と松竹座とで大変で懐に冷たい秋風が吹きそうです~

厳しい残暑はまだまだ続きそうですがくれぐれも御身体にはお気をつけ下さいませ!

道志村村長選挙です。

道志村村長選挙です。
いつも、ブログを読ませてもらってます。
また、読みに来ます。
道志村村長選挙でした。

No title

道志村村長選挙→買収選挙の隠蔽工作です
[買収選挙 道志村]で検索できます
削除してもらってかまいません
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム