あと2日…


早いもので演舞場九月興行も後2日になってしまいました。来月の歌舞伎座は今月と同じ、一日初日で25日が千秋楽です。夜の部の出演なので楽屋入りは3時頃、終演は今月より少し遅いか、今月と同じ、7時前だと思います。上京していた妻や娘たちも今日大坂に帰ったので、26日のお休みは宝塚月組の妃鳳こころさんの「さよなら公演」に行く予定です。こころちゃんは「平成若衆歌舞伎・花競かぶき絵巻」に出演してくれた娘役さんで、その時の宝塚のメンバーで、皆さん退団するなか唯一の現役さんでしたが、遂にこの10月6日の東京公演千秋楽で卒業し、「若衆歌舞伎の阿国歌舞伎」のメンバーは全員卒業…、寂しい気もしますが、皆さん退団後も元気に頑張って、歌舞伎をも観てくれています。なかには結婚して「お母さん」になり九州で楽しい家庭を築いている人もいます。ちなみに「こころちゃん」、寿退団ではないそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

今日は…

今日はようやく演舞場に二回目、といっても初日は夜の部だけだったので、質見世は初見ですから楽しみです。今6時の高速バスに乗りました。
来月は初日からですが、私も夜の部だけなので、もっと遅いバスで上京です。楽しみが続きます。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム