千穐楽




演舞場九月興行、無事に千穐楽を打ち上げました!ご支援有り難うございました。添付の写真は「不知火検校」の「おもと」湯島のおはんの母親で、ただのオバサンでした。出演時間も4分で、自分なりの考えでオバサンらしく拵えていたのですが、別に扮装の指定もなく、娘が美人の水茶屋の女将なので、衣裳や鬘は変えずに、少し「をんな」に拵えてみました。モチロン芝居の雰囲気も若干変えましたが、ご見物のお客様にはこの方が良かったみたいです。因みに元来の写真も添付します。(ビホアー&アフターをご覧下さい)来月は歌舞伎座で一日初日です。引き続き宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

お目出度うございます

千龝楽お目出度うございます。
不順の侯、お元気で 楽 お迎え嬉しいです。
楽まで 色々お考え それが 艶に繋がるのですね。
お写真 いつも有難うございます。

両方拝見出来てラッキーでした!

千穐楽おめでとうございます!
両方のパターンが拝見出来てラッキーでした♪(^^)vそう、ブログでおもとさんの垢抜けた色っぽい版のお写真拝見して、あら?こんなでしたっけ?違ってたわよ、もっと普通のお母さんだったのに…でしたが今日は色っぽい美女のおもとさんで、嬉しかったのです♪

私が豊国なら「猫のおはん」もいいけれど「大人のをんな」のおもとさんをモデルにしたことでしょう…

短い出番で特にしどころのないお役でも作り方でこれだけ印象かわるんだな~と興味深かったです!

来月も楽しみです!
季節の変わり目ですがくれぐれも御身体にはお気をつけ下さいませ(^-^)/

千穐楽おめでとうございます

お写真よくよく較べてみましたが、どちらもにじむ艶を感じて
しまいます。本当に舞台にいらっしゃる時間が短かすぎて心残り
でした。私には秀太郎丈の姿が一番眼に残っております。
お写真沢山ありがとうございました。

すごっ!

千穐楽おめでとうございます。

性別:をんな。の私…大変勉強になりますっ!す、すごい(*_*) 鬘も本当に同じですかっ?! 20くらい歳が違って見えます(*_*) 佇まいも違うし 性格まで違って感じます。この変幻自在を間近で見られるお弟子さん方は すごく勉強になりますね。
いやぁ 感動です!

千穐楽おめでとうございます

昨日前楽を拝見しました。
おもとさんが色っぽくて、私が豊国ならおはんよりおもとさんを描きますね。普通のおっ母さんではあるけど、おはんが金に関心を示さずに帰ろうと言うのへ「あたしゃこれが大好き(笑)。これをご縁にちょくちょく」は満場を楽しい笑いに。できたらもう少し長く眺めて居たかったです。
同じ母親でもおまきさんは、娘を案じる想いが違う。ブログの写真に写っていないけど、心を表現する手の演技と指の美しさに見惚れました。奥から出て来る時のちょっと伸ばした左手、「お話があるとか…」と言う時は両手の指先を合わせ、それを手揉みし、「お帰りに」で出口を指す右手のしなやかな美しさ。これに先立って丁稚が言うセリフはいつもは「番頭さんが夜這いをしたの」が今回は「悪さをしたの」になってましたが、あんなに魅力的な後家さんなら夜這いをしたくなるのも無理ないと思いました。ただ、今回は宗俊が帰ってしまうとすぐ幕になり、和泉屋清兵衛とのやりとりのないのが惜しまれましたが。
さて来週はいよいよ小せんですね。木の実の小せん、大好きです!できたらすし屋の維盛と二役見たかったです。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム