明日は千秋楽



歌舞伎座十月興行も遂に千秋楽を迎えます。ご支援有り難うございました。特に今回の「木の実・すしや」は演者とご観物のお客様が一つになり、毎日とても新鮮な気持ちで舞台を勤めることが出来ました。これは役者として、とても幸せなことです!「木の実」の小せんは勿論大切な役ですが、私は「すしや」の小せんを特に大切に勤めています。勿論「引っ込み」の夫婦の名残りは大切ですが、お客様のお分かりにならないところでも、自分なりに…、例えば梶原に「顔を見せろ」と言われ、御台さまに見える自信が無く顔をそむけ、「良い器量」と言われ「ホッとする」る気持ち。権太が善太と小せんの顔を見せる時は、権太が二人の間に入ってちょうど良い間隔と、「決まった形」が良いように、上手にいる善太より、ほんの少し前に出ていた方が良いと思うのです。あと義太夫の「縄付き渡せば…」のくだりで、権太が小せんの前を通り過ごして行くとき、とても哀しい気持ちになります。花道での「名残り」のくだりはお客様がお感じになる通りで、やはり大切なシーンです。が、さきにお話した事は、いちいちお客様に訴えると、とても「小うるさい芝居」になり、目立たないように、自分の中で心がけています。(お話しない方が良かったかも…)とにかく後一日、心を込めて小せんを勤めます。添付の腰元の写真、ツーショットは千壽とりき彌。6人のは前が松之丞・嶋之丞の松嶋や一門、後の二人は鴈成くんと、今月名題披露の梅之改め中村梅乃くんです。ご要望に応えて添付しました!

コメントの投稿

非公開コメント

感激です~(T-T)

四の切腰元の皆様のお写真有り難うございます!
松嶋屋さんご一門の女形さんが四人もでてらっしゃるので拝見していてものすごくアットホームな気分になれる今月の四の切です…(この場面より前に當史弥さんもでてらっしゃるし)これで静御前が秀太郎さんだったら言うことなし!ですがそれは南座のお楽しみにおいておきます。名題披露のお二人に声がかかるのも温かくって嬉しいです♪

縄付きの小せん、「縄付き渡せば…」のところで権太 が陣羽織を着ながら目を二人の方にやって心で別れを告げる感じで、一方の小せんも側にいた権太が離れていくのをちょっと目でおう感じが切なくって…

「すし屋」の小せんは台詞がなく、顔も半分隠れているけれどもものすごく大事なお役だということを秀太郎さんが教えて下さいました!
その小せんとも明日でお別れ…権太の仁左衛門さんとはしばしのお別れ…淋しくなっちゃいますが来月は江戸三座と永楽館とで松嶋屋さんご一門がご活躍で、それぞれ楽しみにしております!(今年は永楽館は諦めましたが…)
まずは明日の千穐楽の舞台を楽しみにしております!

千穐楽おめでとうございます!

美しい腰元の皆さんのお写真ありがとうございます。
とうとう千穐楽を迎えましたが、心配された台風は
今のところ弱い雨のみでほっとしております。
今月の権太、小せん夫婦と善太は素晴らしい
家族だと思いました。家での舵取り役は女房小せんで
その支柱は権太の男気、惚れた同志の強い絆。
受けた恩はどこかでお返しするというのが人の道と
いうことを考えさせられました。(*^_^*)
本当に胸いっぱいの感動をいただきありがとうございます。
今日は3Fで残念ですが心を込めて拝見させていただきます。

おめでとうございます

千穐楽誠におめでとうございます!

秀太郎丈のお言葉 ひとつひとつ。お気持ち ひとつひとつ。 噛みしめながら拝読致しました。
そんな芸に対するお気持ちは 全て舞台に現れていて、だから秀太郎丈は素晴らしく毎回感動を頂きます!
花形若手の皆さまも きっと継承して行かれると存じますが、やはりまだまだ及ばない。
ごっそり盗んで 磨いていただきたいです。

千秋楽おめでとうございます(o^^o)

本日の千秋楽おめでとうございます(o^^o)

詳しく小せんのことを教えて下さってありがとうございます。私も後ほど参りますのでお教えいただいたことを思い出しながら拝見させていただきます!

結局私は今月8度目ほどすし屋を見ることになります。

それでは後ほど!楽しみにしてます!

千穐楽おめでとうございます

幸いに台風も来なくて、今バスは山梨県を通っています。
小せんさんが、顔を上げろと言われて顔を背けるのは、そういう思いがあったのですね。梶原なんかにこの顔を見せたくないという小せんの反感というかプライドみたいなものかとも感じましたが、むしろ無事にばれずに済むことを願っているのですね。その時の権太の悲しげな表情、そして小せんに命じるよりも善太にはちょっと優しくなだめるように差をつけて言うんですよ。それを小せんはきっと自分に言われる以上に気を使い、心痛めて聞いてるのでしょうね。
千穐楽をおめでとうございますと言いながら、無性にさみしい千穐楽です。

千秋楽おめでとうございます

台風も東京はたいしたことなく 千秋楽を迎えられおめでとうございます

すし屋の出で縄付きで権太の前を歩いていらして 花道七三の辺りで立ち止まり 権太に早く行け!!というように縄を揺らされ 一瞬目を合わさずに覚悟し直したように見えました

本舞台に来てからも 下手に座っていて息子善太を気遣うお心が伝わってきました

また面ぁ上げろぃ!と言われて 自分からかってでたとは言え御台様に見える自信もなくためらってしまう その気持ち そして良い器量!!と言われて 権太が肩を落として安心するのと同じように ホッとされるのも 目立ちませんが伝わりました!!


しばらくは寂しいです!!

また この配役での再演を観たいです!!!!

リョウデンタルオフィス 口コミです。

リョウデンタルオフィス 口コミです。
いつもブログ更新お疲れ様です。
また見に来ます。



リョウデンタルオフィス 口コミ

千穐楽おめでとうございます

初めてコメントさせていただきます。
千穐楽、おめでとうございました。
今月は数回足を運びましたが、秀太郎さんのブログを拝見し、本日改めて表情を拝見したい!と願ったものの仕事の都合がつかず残念です。

まだまだ歌舞伎初心者ではありますが、こんなにも心を奪われることが嬉しくも寂しくもあります。全ての瞬間を目に焼き付けておきたい、そう思いました。

週末は松竹座へ行かれるのでしょうか…来月もお休みなくお忙しいかと思いますが、くれぐれもお身体御自愛下さいませ。

また、仁左衛門さんも手術が成功し、再びご兄弟皆様での舞台を拝見出来るようお祈り申し上げます。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム