二十一日目




今日はとても寒いと思いましたが舞台の方は熱かったです。何故か調子(声)も治り台詞もしっかり言えています。私はアマリ早寝すると体調を崩すようなので、ほどほどに起きていなければならないようです(^O^)。今夜は6時から下河原の浜作さんでの「お呼ばれ」その後宮川町なので、お客様のお越しになる前にブロクを打っています。ここまで来たら千穐楽まで続けたいと思いますので宜しくお願い致します!

コメントの投稿

非公開コメント

連続更新記録ですね~

今日は早目に仕事終わった!と帰りに覗いてみるとお早い時間の更新が…

お声の調子も戻ったとのことでとっても嬉しいです♪来週拝見できるのを楽しみにしております!

毎日のブログ更新って結構大変なのでは?と思いますが、読者としては嬉しいです♪
毎月毎日とは申しませんがこういう月も年に一月あると楽しいです~
あと六日間お元気でお務め下さいませ。

有り難うございます!

お忙しいなかに、毎日更新してくださり、有り難うございます!

後ろ姿もとてもお綺麗ですね。ブログは、引き込まれる章はもとより、お写真の更新も楽しみ♪で、拝見できとても光栄です。

今日はとても寒く、明日は西日本で雪予報が出ています。くれぐれもお身体を大切に、まずは千秋楽までお力発揮されてください。引き続き応援しております!

毎日京都にいるようです

京都発のブログ毎日楽しみに拝見しています。
早く寝ると体調が・・・とは。
何事もそれなりのリズムがあるのでしょうね。
調子が良くなられて本当に良かったです!

寒いです

このところの寒さには震え上がって閉口しています。
獅童さんのお母さんの葬儀での挨拶には泣かされました。舞台でのお母さん、励ましてあげてください。福助さんの襲名も延期と発表に。
暗いニュースの多い中、秀太郎丈のお元気さが何より嬉しいです。
師走も下旬に入りました。明るいニュースを期待しています。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム