お知らせ

今夜のNHKの放送、私が登場するまでしか撮らないそうです。楽しみにして下さった皆様すみません!

コメントの投稿

非公開コメント

有り難うございます!

こんなにギリギリまで、お知らせをどうも有り難うございます。

今日は歌舞伎座にきています。たまたまアクセスして、お知らせがありビックリしました。

東慶寺花だより拝見できますこと楽しみです!

不安で

東慶寺花だよりは上演時間が9時までとなっているのに、生中継は7:25~8:30で第4場までと予告があり、お陸さんは見られないのだと絶望のどん底!でも出演者の名前に秀太郎丈の名も出たので、もしやと祈りながら見てました。翫雀さんが出て告白を始め、 原作通りに二の膳などのセリフ、そして原作に無い「お寝間の責め苦」の述懐、丈のブログで予測していましたが。お陸さんの姿が出なくても思い浮かべてニヤニヤ。千壽さんの立役姿も。ああ時計が進んで行ってしまう!とうとうリミットで、お知らせ通りにお陸さんは見られないのかと落胆してたら、花道からお陸さんが笠と杖を持って登場!柱にしがみつく翫雀さんのお尻に熱く抱きつく所が見られて少し溜飲が下がりました。続きは舞台を拝見するのを新鮮な気持ちで楽しみに待ちます。

嬉しい~

ひでたろ サササササ
ひでたろさん
なんかとっても
うれしかった!!

拝見しました

お陸さんが可愛くて、かん雀さんの畏れっぷりが面白すぎて、笑いってしまいました。
嬉しいお年玉ありがとうございます。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム