寺子屋



今年四月に歌舞伎の子役を養成する「寺子屋」が発足する事になり、その説明会が今日(18日)築地の松竹稽古場で開かれ、私も講師の一人として梅玉さんと共に出席しました。大勢の子供さんが親御さんに連れられて説明を聞いたり映像を見たり、千壽・梅乃から実技を学んだりしました。15年前の上方歌舞伎塾を懐かしく思い出しました。月日の経つのは速いものです。今日の子供さんの中から一人前の歌舞伎役者が生まれるよう、大切に育て上げたいと思います。東慶寺花だより…、今夜も大ウケでした!

コメントの投稿

非公開コメント

寺子屋

秀太郎さんも講師でいらしたんですか。豪華!
お子様方はお幸せですねー♪

集まられたお子様方の中から将来、歌舞伎役者が誕生されるのが楽しみです。
寺子屋から誕生した役者さんを応援して行ける日がくるのを心待ちにしております!

歌舞伎役者

私も松竹座で初めて歌舞伎を見た瞬間に歌舞伎をやりたい!と、思ったのですが…

女性の役者さんを見かけないので、歌舞伎は男性だけなのかな?

と、ガッカリしたのを覚えています(´Δ`)


歌舞伎を役者さんからご指導頂ける子供さん達が大変羨ましいです(´∨`)

楽しそう~

子供達元気いっぱいで楽しそうですね♪
歌舞伎俳優さんは男性のみでも子役は女の子もOKなのがいいですね。

上方歌舞伎塾で十数年前は教わる側だった千壽さんも今や一人前の名題さんで師匠を手伝って教える側になってるんですね~なかなか感慨深いです。

寺子屋出身の歌舞伎役者さんが出てくると嬉しいですね!

今月公演も一週間ばかりとなりましたね。
益々楽しいお芝居になっていることと次回の拝見を楽しみにしております。

こうして層が厚くなっていくのですね。
千じゅ(漢字が出ないですね…)さんはブログを始められましたか?

未来に向けて

秀太郎丈、講師のお一人でいらしたのですね。何と贅沢な塾なのでしょう!
写真から参加されたお子さん達の活気が伝わってきます。
東京オリンピックに向けて世界の方々に素晴らしい日本の伝統文化を知っていただく為にも、子供達に歌舞伎は勿論のこと、礼儀作法など、日本人としての心を育んでいってほしいと願っています。

私も子どもに

なりたいで〜す!
歌舞伎役者の皆さまってとんでもなく忙しいですね…ご自分の時間なんてあるのかしら?
私もガンバります!
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム