後六日



「東慶寺花だより」、後六日になってしまいました…。今夜は幸雀さんとの写真を見て下さい。幸雀さんは確か国立劇場の養成所出身だったと思います。先代又五郎兄さんの御弟子で、中村紫若という名題俳優でしたが、又五郎兄さんの没後高麗屋さん一門になり、松本幸雀を継がれたのです。元々実力のある人で私の好きな役者の一人ですが、彼はシャンソンも得意で、ライブをひらいたり、CDを出したりしています。私も何度か聴きに行きましたがとても気持ち良く聴きました!機会があれば是非聴いて下さい。今月は東慶寺の尼さんで私(お陸)を座敷に案内してくれています。彼は鴈乃助君とも仲良し…、鴈乃助と言えば日が改まった今日、1月21日が誕生日、誕生日と言えば今日21日は中村東蔵さんも誕生日です。東蔵さんは私よりかなり年上ですがますます若々しくお元気で、まことに頼もしく、おめでたいかぎりです(^O^)

コメントの投稿

非公開コメント

お誕生日

鴈乃助さん東蔵さんお誕生日おめでとうございます♪

今日21日に東慶寺花だより拝見に伺います!
ドンドン進化された東慶寺花だより楽しみデス!

秀太郎さんがお疲れの中、深夜にこうして丁寧に御説明下さるので感激しておりますが、御寒いですから、どうぞ温かくしてお休みになって下さいませ。

やっと観られます♪

週に1日しか休みがないので やっと22日に舞台拝見出来ます♪
仕事を終えて駆けつけても もう舞台は終わった後で 皆さまのコメントを読みながらジリジリしていました。
先週は浅草で昼夜通し 拝見して来ましたが さすが愛之助さん、義賢最期も新口村も素晴らしく 安心して気持ち良く身を任せて拝見していました♪

初日のテレビからのいきなり(笑)の東慶寺で 今からワクワクしています♪
秀太郎さんのブログは必ず読ませていただいていて たくさんのお写真で想像していますが やはり舞台は生で観ないとわからないですものね!!

ワクワク!!





ツーショットシりーズ色々

いろんな方とのお写真ありがとうございます!
幸雀さん、シャンソン歌われるんですか~
知りませんでした!

今月の尼さんのお役面白いです~

鴈乃助さんは今月は壱太郎さんについて浅草でしたね
誕生日おめでとうございます!
そして東蔵さん、お昼は六郎太夫、夜は法秀尼さまと昼夜
お元気でご活躍なのが嬉しいです♪
お誕生日おめでとうございます!

歌舞伎寺子屋の先日の説明会
歌舞伎美人に詳しい記事がでましたね~
ほんと子供さん達羨まし~
http://www.kabuki-bito.jp/news/2014/01/post_1011.html

今日はなりたての可憐な芸妓さんのようで一段とお綺麗です。
役者さんはやはり多才なんですね。シャンソンは[そして今は]という曲がいつも思い浮かび何故かリズムが淡々とbossa nova風なんです。

紫若さん

紫若さんはベテランの女形さんでしたが、今は幸雀さんになられてるのですね。でも私はいまだに紫若さんのイメージが強いです。
紫若さんがシャンソンを歌われると聞いていた頃、なんと私の隣の市の会館で、紫若さんのシャンソンリサイタルが開催されたのです。勿論行きました。あの日本的な歌舞伎役者さんが、このようなシャンソンを!田舎の聴衆は、歌舞伎の舞台を見たことのない人々ばかりなので、なんの違和感もなく聞き惚れていましたが、私はそのギャップの大きさに、本当に驚き、感動致しました。一言お声を掛ければよかったと後悔しました。
あの時感動したとお伝えくださいませ。

幸雀さん

ふんわり存在感のある尼さんだなあと思っておりました。
素敵なツーショットありがとうございます。
後六日と改めて今月のテンポの速さに驚いています。

東蔵さん鴈乃助さんお誕生日おめでとうございます!
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム