有難うございました


歌舞伎座初春興行、東慶寺花だより、好評の内にめでたく千穐楽を打ち上げました!「東慶寺花だより」のお話を頂いてまず原作を読みましたが、私の役は話に出るだけで実際には登場しないのですが、先月20日頃に台本をもらい、27日に初めて稽古にかかった時は、正直言ってこれほど面白い作品になるとは思いませんでした。脚本の今井先生、演出の大場先生、この三人のチームワークの良さ、共演者の、特に抜擢された若い役者の頑張り!そして特筆すべきは杵屋五七郎さんの附け(黒御簾の作曲)が芝居全体を楽しくしていたことです。いくら新作でも、千穐楽迄これほど進化した芝居を私は知りません。ひょっとしたら又再演があるかも知れません。その節は宜しくお願いいたします!来月はうってかわった「江戸の女」、芝居の運びにしつような役どころなのて頑張ります。今月のご支援、本当にありがとうございました!

コメントの投稿

非公開コメント

千穐楽おめでとうございます!

期待の信次郎さんご登場!嬉しいです~
初日に拝見してから♪東慶寺~花だより~♪の音楽が頭から離れないわ状態でした!

本当に楽しい新作ありがとうございました!本日のお陸さんの惣右衛門さんへの指一本ずつ口づけ責めには参りました~
あれだけ愛されてたら幸せ者ですよね!

出演者の皆様、裏方の皆様お疲れさまでした!再演か続編希望です~

来月も初めて拝見するお芝居なので楽しみです!寒くなりましたので御身体ご自愛下さいませ~

千龝楽おめでとうございます

お気持ちよく打ち上げられ本当におめでとうございます。
私達も 秀太郎丈のお陰で blogのお写真や 知識沢山頂きました。
有難うございました。
もう一度観たかったです。

千穐楽

秀太郎さん、千穐楽おめでとうございます‼

と〜け〜じ〜♪はなだ〜より〜♪

楽しいメロディが耳に残っています。
私は今まで子育て真っ只中だったので、生の舞台はほとんど観ていなかったのて初心者なのですが、秀太郎さんのおりくさんを拝見して、スゴイ‼と思いました。
あの瞬間にその場を全てもっていってしまうパワーに感服致しました。
是非、再演の時もおりくさんで、もっとおりくさんご夫婦のお話を長くして戴きたいと思います。

来月もチケット確保致しましたので、秀太郎さんの御活躍を楽しみにしております。
これからまた御稽古漬けの日々となられましょうが、お体を御大切になさって下さいませ。

千穐楽おめでとうございます

千穐楽おめでとうございます!
ブログでたくさんの出演者の方とのお写真などを拝見し 舞台を観る前はいろいろ想像し また観た後は思い出しながら楽しく読ませていただきました♪♪
せめてもう一度観たかったです!!
本当にお疲れ様でした!!

来月も珍しい演しもの 後半になりますが拝見させていただきます♪

また寒さが戻ってきました
お身体に気をつけてくださいませ!!





千穐楽おめでとうございます

待ってました!染五郎さんとのツーショット!(*^_^*)
東慶寺花だより 本当に楽しく味わい深い舞台ありがとうございました
2月も歌舞伎座 鶴屋南北作 心謎解色糸にご出演ということで、楽しみにしております。お寒い日々がまだまだ続きますがお身体御自愛されつつご尽力ください<m(__)m>

千穐楽おめでとうございます!

本当に楽しませて頂きありがとうございました!
信次郎さんとのツーショットがお二人とも一段といい表情で楽のblogに華を添えて頂きました。
「あれに見えるは、松嶋屋の~秀太郎さ秀太郎さん~♪あ~ぁあ~」に参ったまいったの「あ~あ~」でした。あのような謡や「あ~」が表現出来る黒みすの中の方達の実力に毎回感じいっていました。
秀太郎さんのお陸さん最高に面白かったです。
お疲れさまでした。これから寒暖の差がある時節お風邪を召しませんようお祈りしております。

おめでとう御座います

素晴らしい一月だったんですね!
もう、羨ましい!の一言しか浮かばないです。(≧∨≦)


後、素朴な疑問なのですが…上方の女性と江戸の女性は歌舞伎の世界ではどのような印象で演じられているのでしょう?

秀太郎さんの中で気にかけて演じている所はどこですか?

とても気になりました。
もし良ければ教えて下さい<(_ _)>

おめでとう御座います

素晴らしい一月だったんですね!
もう、羨ましい!の一言しか浮かばないです。(≧∨≦)


後、素朴な疑問なのですが…上方の女性と江戸の女性は歌舞伎の世界ではどのような印象で演じられているのでしょう?

秀太郎さんの中で気にかけて演じている所はどこですか?

とても気になりました。
もし良ければ教えて下さい<(_ _)>

おめでとう御座います

素晴らしい一月だったんですね!
もう、羨ましい!の一言しか浮かばないです。(≧∨≦)


後、素朴な疑問なのですが…上方の女性と江戸の女性は歌舞伎の世界ではどのような印象で演じられているのでしょう?

秀太郎さんの中で気にかけて演じている所はどこですか?

とても気になりました。
もし良ければ教えて下さい<(_ _)>
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム