中日


二月花形歌舞伎も今日十三日、大入りの内に無事に中日を迎えました。初日があいてしばらくは、正直言って芝居の全体像が掴めなかったのですが、今ではしっかり解っているので、自分なりに落ち着いて芝居ができています。お客様にも好評ですが、やはり「再観する毎に面白くなる」とおっしゃっています。それだけ「深味」があると言う事かも知れません。ところで明日はまた雪だそうです。皆さまどうかお気をつけお付けください。私はメトロ出勤します。東銀座の駅がとても便利になりました!

コメントの投稿

非公開コメント

中日おめでとうございます

メトロでのご出勤?どんなご様子か見てみたい!
お舞台のお写真有難うございます。
困りますね この雪。風情どころではありませんもの。

中日おめでとうございます

また雪なんですね~
冷え込んで参りました。
行灯持った立ち姿素敵です♪

東銀座駅、以前はすれ違うのも困るような狭い階段をあがっていくのが大変でしたがエスカレーターもついて広くなりましたね。

後半も益々盛況でありますように!

素処さんのト-クも近づいてきて楽しみです♪

おらいさん

日付変わって、昨日、拝見致しました。

秀太郎さんが今月はおらいさん、分かっているのに、つい、おりくさんと浮かんでしまって、東慶寺じゃないんだから!と自分に注意しました。
おらいさんも女将さんですが、おりくさんとはタイプが違う・・、十兵衛さんをちゃんと立てていらっしゃる・・、秀太郎さんがそこにいらっしゃるだけで、空気感が違う・・、流石だなぁ・・と感じ入りました。
まだまだ寒いですから、お体に気をおつけになって後半戦もイキイキとなさって下さいませ。

申し訳ありませんが

中日おめでとうございます。
さて明日は私の初見、そして何より楽しみにしていた素処さんでのトークでしたが、今日から明日にかけて大雪の予報! さんざん考え、迷いましたが、残念ながら、涙を飲んで我慢することにしました。
申し訳ありません。ご盛会を祈っています。

朗報ありがとうございます(^o^)

メトロでご出勤なんですね。東銀座駅でお見かけ出来たら嬉しいわ。
14日目観劇のため、徐行運転中ののぞみで歌舞伎座に向かっており、やっと名古屋に着いたところです。今のところ25分遅れの車内アナウンスだけど、1時間遅れまで開演に間に合うはずです。今日は品川で京急に乗り換えて泉岳寺経由で東銀座へ出るので雪道は歩かずにすむと思うのですが。夜の部も観るつもりなので急遽銀座のホテルも押さえました。後は無事開演に間に合っておらいを拝見できるのを祈るばかりです。

中日おめでとうございます

おはようございます。中日過ぎて、お客様も連日満員でおめでたいです
秀太郎様のご出演の場面は身を乗り出して見てしまいます
東銀座駅、木挽町広場の辺りに来ると気持ちがウキウキしてきます
寒さ厳しい折、本日も頑張ってくださいませ(*^_^*)

無事に中日を過ごされ、よかったです。二回続けての大雪珍しく驚いています。メトロと言わはるので、パッとフランスの香りがして、パリの冬のメトロが脳裏に浮かびました。後半も日々新鮮な気持ちで、楽しんで勤められますように。

中日おめでとうございます!

中日を過ぎてますますお元気のご様子で嬉しいです。
また雪の東京ですが特に遠方からいらっしゃる方はお気をつけて。明日午後には落ち着きますようお祈りいたしております。

素敵なお写真をありがとうございます。
歌舞伎役者さんの裾の先まで神経があるような見せ方は本当に惚れ惚れします。
寒さに負けずお身体にお気をつけて頑張って下さい。雪がまだ降るようですがもうじきに暖かくなりますよね。皆様のご健康と日々のご成功をお祈りしています。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム