千穐楽



歌舞伎座二月花形歌舞伎もお陰様で好評の内にめでたく千穐楽を迎えました!ご支援有難うございました。お陰様で連日大入りの盛況でしたが、私が嬉しかったのは染五郎さんを始め、松緑さん菊之助さん七之助さんの、今月の四枚看板、それに続く若手俳優の活躍です!彼らは確実に力をつけてきていますし、またその花形の中に入って芝居をする事が出来て嬉しかったです(^O^)休む間もなく明日から3月の稽古にはいります。地元京大阪の舞台がないのは寂しいですが、1月から5月まで、ずっと東京の公演に呼んで頂くと言うことは、とても有り難いことです。来月は昼夜に頑張りますので、変わらぬご支援のほど、宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

千穐楽おめでとうございます

黒御簾にこんな文字が…!知りませんでした~
面白いショット有り難うございます♪

基本的にはずっしり見応えある大歌舞伎が好きですが若手が力一杯頑張ってる花形歌舞伎もとっても楽しかったです。
菊之助さんとのショットも有り難うございます!

二月は短いしお休みなしで明日からお稽古とは大変ですが、くれぐれも御身体にはお気をつけ下さいませ。
来月も楽しみです♪

千龝楽おめでとうございます

御健康でのお舞台 これに上越すものは、ございません。本当におめでとうございます。

千穐楽おめでとうございます(^-^)

素晴らしい舞台でした。
ありがとうございます(^▽^笑)
また伺います!

2月から3月へ

明日からもう稽古との由、大変ですね!くれぐれも体調に留意されて、過ごされますように、お願い致します。

千穐楽おめでとうございます!

花形と言われる若さが、力強さになっていくことは
本当に頼もしいことですね。そんな中でも一番
秀太郎丈の女ぶりの良さがきらりと光っていたように
思えます。お写真を拝見してはぐっと胸をつかまれる
ようでした。
お休みなしでお稽古とは、いつもの事ではありますが
驚きと尊敬です。
季節の変わり目、お体にお気をつけになって
3月に向かってくださいませ。
楽しみにしております!

千穐楽おめでとうございます

大雪で上京できなかったりして、ずっと、このブログや、見た友人のメールで想像していましたが、やっと前楽の昨日拝見しました。
おらいさんが登場するのは4幕目だけなので、お出ましは少ないのかしらと思いましたが、1:46~2:10の24分間、途中で奥に入るのでおしまいかしらと思ったらまた再登場されて嬉しかったです。
小糸のセリフの時、目を拭くおらいさん、夫の言葉の時はじっとうつ向いて両手を握りしめているおらいさん。3幕目まではどちらかといえばバタバタとした感じですが、安野屋になってぐっと深く、人間の哀しみまでも感じられる舞台になりましたね。
一回しか見られないのが残念なので、終わってから大谷図書館に行って台本を借りておらいさんのセリフを全部書き取って来ました。台本と実際の舞台と違うところもあるでしょうが。

千穐楽おめでとうございます。

今月の花形歌舞伎、充実した舞台だったと思います。明日からお稽古とのこと、来月の昼夜の舞台を楽しみにしております。
ようやく寒さが緩んできましたが、お身体お大切になさって下さい。

千穐楽おめでとうございます!!

今月は一回だけ拝見しました!!
正直 秀太郎さんが出ていらっしゃる場は見応えがありました♪ ただそれ以外では ちょっと観ていて不満もありました。
新作ではないけれど上演はずっと昔で いろんな制約がある分 今の役者さんたちには 新作より却って大変だったのかもしれません!

まるで休みもなく 来月のお稽古が始まったようですね!
いつもながら大変なスケジュールですが 気温の変化もあるようで どうかお身体には本当に気をつけてくださいませ!!
来月は楽に伺うつもりです!!


ありがとうございました

昨日ですが、千穐楽おめでとうございました。楽日は皆様、すっかり役が手の内に入ったようでした。すごいですね、毎月この繰り返しとは。
おらいさんが舞台を引き締めてくださいましたね。
初日は夜の部伺います!

千穐楽おめでとうございます!

私は上方の人間で、めったに東京に下りませんが、今月は東京に下る用事ができたので、新しくなった歌舞伎座に初めて昼夜行きました。
昼の部の秀太郎丈の演技、迫力がありました。
短い時間でも舞台がしまりますね。
3月、4月と南座で歌舞伎鑑賞しますが、お江戸の方メインの演目ですので、秀太郎丈出演の歌舞伎を早く地元で観たいものです。
上方のをんなを拝読し、上方歌舞伎復興に尽力された話、大変感動いたしました。
私も微力ながら、できる限り、上方歌舞伎を鑑賞して行きたいと思います。
どんどん上方で公演数を増やしていっていただきたいと思います。
今、図書館で上方歌舞伎に関する本を読んでいます。
まだまだ寒いですので、お体ご自愛くださいませ。

お陰さまで

このblog拝見しておりますお陰で…。
黒簾の楽屋側は
あのようになっている事 知ることが出来ました。
有難うございます。字体がなんか おもしろく思いました。




俳優祭…

俳優祭の詳細がでましたね~

http://www.actors.or.jp/haiyusai/index.html

鈴が森の豪華雲助さんの中に秀太郎さんのお名前が…
どんなんかしらと楽しみです!
(ってチケットの心配が先ですがそのうちテレビでもしますよね)
模擬店には仁左衛門さんもご参加だし
チケット争奪戦がんばります…

がんばれ松嶋屋さんの

コメントに、
そうだ
記録映画『十三代目仁左衛門』 下北沢以来上映されてないなぁ拝見したいなぁ…と。 あの頃は、京都や大阪でもありましたのに。
折角の名記録映画 また拝見したいものです。


梅一輪

3月1日 今日は打って変わって寒いですね。昨晩Eテレ「にっぽんの芸能」で秀太郎丈梅川、仁左衛門丈八右衛門、藤十郎丈忠兵衛、玉三郎丈おえんヴァージョンの『封印切』が、5分位放映され。拝見しました。梅川良かったです。今月は違うヴァージョンですが、拝見楽しみにしてます、
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム