明日は初日!


二月興行を25日に打ち上げ、翌26日から始まった3月興行の稽古、附立(つけだて)、総稽古、舞台稽古も無事に終わり、いよいよ明二日に初日があきます。考えてみたら去年の10月、歌舞伎座の「すしや」の小せんから、先月までの5ヶ月、ずっと毎月一役と楽をさせて頂いていましたが、この3月は半年振りに昼夜の狂言に出して頂きます。昼の部では「封印切」のおえん、夜は「加賀鳶」のお兼と、上方と江戸の女を演じる事が出来、とても楽しいです。二役共に力んではいけない役なので、それなりに難しいですが、気負わずウカメズ、丁寧に軽やかに、大切に勤めたいと思っています。是非ご観劇のほど、宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

貴重な

場所のおえんさん
お写真有難うございます。

楽しみです♪

明日拝見します♪おえんさんもお兼さんも楽しみにしております!

また週末雪かもと言われてて私いっつも雪の日に歌舞伎座?と思いましたが、それほど気温も下がらなそうなので雨でしょうか…

寒暖不順のこの頃、御身体にはお気をつけ下さいませ。

三日にどちらの狂言も観劇致します。楽しみです。

楽しみです

秀太郎さんのお役を二役拝見出来る今月は楽しみが大きいですヾ(❛◡❛)ノ
今からワクワクしております。
気温の変化が激しい時ですので、お身体に気をおつけになって下さいませ。

楽しみです!

いよいよ明日の初日を待つばかり…勿論、昼夜拝見いたします!!
お写真のお着物の色、鮮やかで綺麗ですね。舞台上で実際に拝見するのを楽しみにしております。
春の陽気になったかと思ったのも束の間、再び冬の寒さです。くれぐれもご自愛下さいませ。

両方楽しみ!

昼夜のその二つ、どちらも楽しみにしている演目です。来週末に拝見します。

初日おめでとうございます!

おえんさん、お兼さん、拝見出来るときを楽しみにしております!
今月は通しではないので気分的に幕見もしやすいので嬉しいです。
お天気がいろいろですが梅が咲き桜が待たれます。
今月もお元気なお舞台を楽しみにしております
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム