初日!



お陰様で無事に初日の舞台を勤めました。今日ご観劇の方々、有難うございました!!稽古日数は短かったのですが、「おえん・お兼」共に手馴れた役なので、正直言ってそれほど緊張はしませんでしたが、やはり新しい工夫も加え丁寧に演じたつもりです。勿論、これで良いと云うわけではありません。各々の役者が日々工夫をして、千穐楽まで良い舞台を作り上げて行きます!だから何度でも観て欲しいです。明日は三月三日雛祭り!封印切の幕開きに、太鼓持ちの當十郎と「お雛様ツーショット」を撮りました(^O^)

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます

お雛さま ♪♪
有難うございます~♪
楽しい~
しゃれてますぅ~♪ ♪

初日

初日おめでとうございます♪

秀太郎さんのお写真全身の立ち姿、素敵です。
いつも思うのですが・・、秀太郎さんがそこにいらっしゃるだけで空気が違う・・、その空気感は何なんだろう・・と不思議です・・。

初日おめでとうございます♪

初日おめでとうございます♪
當十郎さんとのお雛様ショットステキです!!いつもながら秀太郎さんのお茶目には顔が緩んでしまいます(笑)

今月は楽のチケットをとっていますが 通し狂言ではないので 出来たら幕見で拝見したいと思っています♪

それにしても秀太郎さんは 本当にお元気で 羨ましくなるほどですが 気温の変化が激しい時期ですので くれぐれもお身体を大切になさってくださいね!!


初日おめでとうございます!

女雛男雛素敵~
楽しいお写真有り難うございます!
今日拝見して上方のおえんさん、江戸のお兼さん両方大当り!で昼夜ともとっても楽しかったです♪

お兼さん捕らえるのが千蔵さん松十郎さん千次郎さんと江戸の芝居の中で上方組なのもなんか嬉しかったです♪
封印切はおえんさんは文句なしですが、ほんまは川さんをまた観たい~!です…

ほかの演目も見応えあって充実の今月、また次回拝見するのが楽しみです
寒さがまだしばらく続きそうですが御身体にはお気をつけ下さいませ。

初日おめでとうございます。

秀太郎丈のブログから、舞台の様子が目に浮かんでまいります。早く拝見したいです!
男雛女雛のショット、ありがとうございます。雛祭り気分が味わえました♪

初日おめでとうございます

無事開幕とのこと、おめでとうございます。何度も演じられた役でも、各上演に命を与えるのは、大変なことと思います。それに共演者が異なれば、アンサンブル(相手方に合わせての、演技の調和)にも配慮されるし、本当に舞台は、生き物ですね、いつも興味深い写真、ありがとうございます。見てて楽しいです。
本日、観劇します。

お雛さまツーショット!

面白い、お茶目な秀太郎さん!毎日を楽しく、
舞台を一生懸命楽しく、素敵ですね!
ブログの写真楽しみに拝見しています。
歌舞伎座は中日近くに予定していますが
はやく幕見に駆けつけたいと思っております。

二日目

本日(3/3) 拝見致しました。秀太郎丈、<おえん>も<お兼>も丁寧に演技されて、とても良かったです。今月は人気狂言ばかりでしたが、どれも密度が大変濃い上演で、緊張度が高く、通しだとちょっと疲れました。座って見ているだけですけど。幸四郎丈とのコンビ、グーですね。また時間を作って拝見に参ります。

おめでとうございます

遅くなりましたが 当月3月公演もご好評でおめでとうございます。
後半に昼夜通しで拝見しに伺います。
義母が倒れたり、いろんな事が起こりましたが、
歌舞伎座に通えるこということが何より私に元気をくれるのです。
秀太郎さんの舞台を拝見できることで また介護に頑張れます。

お雛さまを愛でる時間もなかったので 
このツーショット嬉しく存じます。

私事を書かせていただきましたこと、お許しくださいませ。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム