地震


今朝地震があったようで、揺られながら眠っていたのですが、多くの方々からお見舞いメールや電話を頂きました。確か7時頃ですか…、寝ぼけてしっかり応答が出来なかった様に思います。すみません。私は寝ている時に地震があっても、そのまま寝ています。でも舞台出演中、今月のように花道でじっと立っているときに大きな地震があったら座ってしまうかも知れません。

コメントの投稿

非公開コメント

大丈夫でしたか

5時に起きてテレビをつけて間もなく、5:18.
東京は震度5と地震速報。
私は東京ではないので、全然揺れませんでしたが、心配してました。
ホテルのほか、明治座公演も中止にならなくてよかったです。

地震

今朝、秀太郎さんのブログにコメントさせて戴こうかと思いましたが、止めておいて正解でした。
お休みになられていて良かったです。
今日もお元気に明治座で御演じ下さいませ。
私達は、また後半戦に伺おうとチケット確保致しました。

秀太郎さん無事 本当良かった(*^▽^*)♪♡

  \(^o^)/更新されてる(*´▽`*)

♡秀太郎さん無事♡ 本当良かった(*^▽^*)♪

 ホ ッ♡

秀太郎さん更新ありがとうございました♪ 



お願い

 七月 大阪松竹座 関西歌舞伎を愛する会

秀太郎さんと一緒に 愛之助さん 

主演させていただく機会を頂けませんでしょうか。

初夏の昼のひとときを

父子で共演♪気持ちいいです(^_-)-☆

とっても楽しみです\(^o^)/


愛之助さんも関西歌舞伎 上演

秀太郎さんと同じ思いですよ^^


七月 愛之助さんスケジュール大丈夫なら

元気で素的な関西歌舞伎になりますように

愛之助さん応援してください。

 七月 関西歌舞伎 追加主演 愛之助 

秀太郎さんが出来る事を考えて行動しましょう

おふたり

笑顔満開 元気に咲いてほしいですv^^

家ご飯が落ち着きます(^O^)/






結構揺れましたね

揺れで目が覚めました。
明け方の地震で阪神淡路を思いだしましたがあのときほどは揺れなかったので
携帯で津波の心配なしを確認して二度寝しました…

交通機関の多少の乱れも休日の朝とあってそうそう影響もなさそうですね。

二引きの楽屋暖簾の前の栄御前様も素敵です♪今日もお元気でおつとめくださいませ!

歌舞伎の色彩

お疲れさまです。
気象庁によると、今朝の地震は首都圏直下型の地震には、関連性はないが、
余震に注意とのことです。劇場内、部屋内にいれば、大丈夫でしょうが、移動中、例えばエレヴェーターに乗っている時などには、気を付けてられた方
がよいでしょう。

七つ割円に二引の濃緑の暖簾、追っかけ五枚銀杏の紋のある淡撫子色の衣装でただずむ秀太郎丈、とても素敵で、気持ちの張りを感じます。

歌舞伎では、非日常的な色彩があり、それが祝祭的な気分を与える魅力になっていると思います。
私などは、食い意地がはっているせいか、桜餅道明寺を思い起こしました(-_-)。

拝見しました

明治座夜の部。御殿は、栄御前の登場でぐっと舞台が厚くなり、世話物とは全く違う厳しいお姿に、見ている自分が緊張しました。歌六さんの八汐も怖かった。染五郎さん女方は驚きましたが、政岡がいちばんお似合いでした。
後半また伺います。

素敵~

地震が素敵なわけではありません(*^_^*)
暖簾の前の栄御前が気品があり、きりりとしていて
素敵で~す!!

宵っ張りの私は明け方が一番よく眠っているようで、
眼が覚めたらすぐ揺れが終わったので、又眠って
しまいました。秀太郎さんの阪神、淡路大震災の時の
慌てず騒がずのお話をいつも羨ましく思っていました。
今回は、眠気に助けられドキドキがあまりなくて助かりました。

地震が来ませんように

秀太郎様、お疲れ様ですm(_ _)m未明の地震、びっくりしました。秀太郎様、染五郎様はじめ皆様の安全祈願をしております。昨日は猿翁様がご観劇されたと聞きました。二階席からご覧になったそうです。
それでは秀太郎様、どうぞ頑張ってくださいませm(_ _)m

渡辺保氏が

すでにご覧かと思いますが、渡辺保氏の評が出ましたね。
「秀太郎の栄御前が傑作。鶴千代が菓子に手を出すのを政岡が留めるのを見咎めて『なぜとみやった』『なぜすすめぬ』と詰め寄るところが、ある時は時代に、ある時は下世話にくだけるリアルさ。この緩急自在な時代さ、リアルさが上方の芸の面白さである」と。
嬉しいです。明後日拝見致します。

心を強く、気持ち明るく

 秀太郎さん

おはようございます。

ゴールデンウィークが終わって

明日から普通の生活に戻って来ますね。

秀太郎さん

今日も元気に行ってらっしゃぁ~いv^^♡♪

写真展

写真展終わりました。秀太郎さんの魅力美しさに皆様観とれておられました。これからも一瞬の美を心眼で撮らえます。又.写真展にきて頂いた皆さま本当にありがとうございました。これからも宜しくお願い申します。

写真展

素晴らしい写真展拝見させて頂き、有難うございました。
沢山の鑑賞者の方々を
芳名録の厚さに
感じました。
お目出度うございました。



13代目さん出演の映画

5月10日18時54分~20時54分
BSジャパン
『男はつらいよ』 と歌舞伎モバイルにありましたのでお知らせします。

拝見しました

今日拝見しました。
前半は十役の早替わりで、与右衛門と累などの脇筋もあって複雑ですが、三幕目奥殿からは、事前にブログでお教えくださった通り、「先代萩」の通りですね。床に葵太夫さんが出て安心しました。
そして秀太郎丈の栄御前。今まで何度も拝見していますが、悪の一味ながら気品があり、美しきこと限りなし。
登場して「どれどれも出迎え大儀ィ」「管領家の上意ィ」など時代に張って。
しかし思わず「大事の企…」と口を滑らせたり、政岡の本心を見抜けないなど、悪人なのに、単純でそそっかしい可愛さが魅力的でたりません。
今までは大抵一階席で見ていたので、あまりよく見えなかったのですが、今日は上から拝見したら、千松が殺される時に、じっと扇子の陰で政岡を観察している視線が、栄御前の正体を表してて、なんとも素晴らしかったです。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム