寺子屋



ちょっとご無沙汰しました。明治座の公演も順調で、取り立ててお話することもなく十日近く更新しませんでした。さて昨日(十日)今日の2日間、間松竹歌舞伎スクール「寺子屋」で授業を行って来ました。4才から10才のお子さん48人を4クラスに分け、11時から12時30分、そして1時30分から3時の講義で、りき彌を連れて(千壽は昼の部にも出ているので)「台詞のやり取り」や「掛け合い」など、具体的に教えたりしました。みんなとても可愛くて、それでいてとてもシッカリしています!!授業を行いながら平成9年から始まった「上方歌舞伎塾」の事を思いました。あれからもう17年、中学生だったりき彌や千壽、千次郎ももう30歳、今では上方歌舞伎にあって貴重な存在です。そして「歌舞伎塾」で優しく一緒に教鞭をとっていた、今は亡き市川青虎さんや多くの指導者の事を思いました…。皆さんとても塾生を愛し、優しく指導して下さっていました。あっという間の17年でした。今の「子供たち」歌舞伎役者になって活躍する頃は…。私は父と一緒に彼らを見守っている事でしょう。それにしても授業前夜の九日・十日はご贔屓のご招待で、床に着いたのが3時過ぎ。寺子屋当日の8時起床はちょっと眠たかったです(^O^)

コメントの投稿

非公開コメント

生まれ変わって

『寺子屋』へ入って、
秀太郎さんにお習いしたい。
キャ~

ニコニコ

 秀太郎さん元気で良かったぁ(*^▽^*)

お疲れ様です。


 日頃の努力にありがとう♪

笑顔に優しさにありがとう♪


愛之助さん今の塾生たちのためにも

健康が一番のプレゼントです。

愛之助さんと一緒に がん検診 健康診断

し  て

検診を受けて毎日元気に生活してください。

愛之助さん皆と絆を深めて(*´▽`*)

よりよい歌舞伎 関西歌舞伎が出来る事を

願ってます。

これからも 百歳 目指して 元気で長生き

楽しんでくださいね~(*^▽^*)♡♡♡

素的な一週間を♪
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム