福島・今日は晴天!



良いお天気でしたが、ホテルから会館までなかりの距離があったのですがタクシーで楽屋入りしました。往く道で「信夫山」の麓を通り昔の大相撲栃若時代かそれ以前かに、福島出身で出羽の海部屋の信夫山と云う良い「お角力さん」がいたのを思い出しました。関脇までいったと思いますが、スラッとした感じの良いお角力さんでした。楽屋は今日も竹三郎さんと一緒!話は尽きませんでした(注・喋りっぱなしではありません。)

コメントの投稿

非公開コメント

今日も更新嬉しいです!

注で喋りっぱなしではありませんってわざわざ書かれますと、相当喋ってはるんやろな~聴いてみたいわ~と思ってしまいます。

気持ちのよい青空ですね♪
巡業トラック面白いですね~あれが走ってたら急いで知人に写メしちゃいますわ。
数年前の松嶋屋さん巡業もあんなんあったらよかったのに~

明日は道中でしたっけ?
楽しい旅をお続け下さいませ!

晴天のお写真

へぇ うわ~
秀太郎さん!
晴天のお写真 !
お疲れもありましょうに、blog毎日本当に有難うございます。
勝手な想像
今夜はみなさんTOKYOへ戻られ、明日 新潟へ向われるのかな。
気温 天気 不順お疲れ少しでもお癒しの時がありますように。




爽やかですね

爽やかですね、お天気も秀太郎さんも。
そういえば信夫山というお相撲さんが居ましたね。忘れていたのを思い出しました。信夫といえば弁慶上使を連想します。
巡業では平成12年7月4日に福島県の会津若松で2公演あり、翌5日に福島県文化センターでまた2公演でしたね。
明日は道行日で明後日は新潟。福島から新潟はすぐですが、どう過ごされるのでしょうか。
ゆっくりお過ごしくださいませ。

明日は、移動日。

おつかれさまです。
明日は移動日。福島ないしは東京から新潟へは夕方出発か、或は早く発たれ新潟でゆっくりでしょうか。いずれにしても、小休息。ゆっくりと時間が流れますようにと願っています。
信夫山は穏やかな美しい山ですね。きっと福島市のシンボルなのでしょう。角力さんの信夫山は、残念ながら、はっきりと、名前を記憶していませんが、多分<もろ差し>が上手で、歩き方に特徴のあったハンサムな力士のことだろうと思います。

大道具さんも、照明さんも、ちょっとゆっくりできますね。各会場ごとに舞台の寸法も違うし、照明の機能もことなるので、大変だと思います。俳優さんたちも、間の取り方とか動きも調整しなければならないので、大変だと思います。本当に毎日無事舞台が終わるのが奇跡的です。
竹三郎丈とは、何をしていても、気が合われるようで、なによりです。

また新潟から、頑張ってお勤めお願い致します。

上記コメント

すいません。上記コメント、むーからです。

休日

 今日は休日ですね。

秀太郎さん東京でしょうか

愛之助さん仁左衛門さんに

巡業報告、いろいろ経験を

沢山話しをしてくださぁ~い^^


 別々に住んでいるから

たまに会えるのは本当に嬉しい♪ね

今日は 仁左衛門さんと一緒に♡

楽しんで来てください♪

和やかな休日になりますように(*´▽`*)
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム