加賀・金沢…





10時10分のサンダーバードで富山から金沢に来ました。富山のタクシーから見た市電…、チョット嬉しかったです。今日の金沢の「東京エレクトローンホール」の「邦楽ホール」は金沢駅前にあり、回り舞台や本花道、「セリ」や「すっぽん」もある素晴らしい劇場で、建物の中には「邦楽器」を陳列して各々の楽器の解説があったり、色んな芸能の写真なども飾ってあって素晴らしい劇場です!楽屋に入ると金沢出身の京都先斗町の芸妓さんから可愛いお花が届いていて、とても嬉しかったです(^O^)今日も昼夜共に完売御礼でした。昔、二代目猿之助(猿翁)おじさんと父・仁左衛門の一座で、この金沢の「おやまくらぶ」と云う劇場に来演した際、私は父の「青山播磨」で「お菊」を演じていたそうです。私は覚えていなかったのですが、その時同座していた寿猿さんが話してくれました。もちろん50年以上前の話です。越後から越中、加賀の国…、明日は越前の公演です。

コメントの投稿

非公開コメント

わあ市電のお写真!

なんいいですね♪
そして素敵な劇場ですね!
お花も可愛いです♪きっと贈り主さまもお可愛いのでしょうね♪

明日は越前ですかいよいよ近畿に近づいていらっしゃってワクワクです~

今日国立のHPで今年の音の会には新口村がでてご指導が秀太郎さん仁左衛門さんであることを知りました。演者次第では拝見しにいこかしら~♪です…東西で若手ご指導の八月お忙しくなりそうですね。

今月もうすぐ拝見出来るわ♪と楽しみにしております。暑さが本格的になってきましたが御身体にはお気をつけ下さいませ!

ご報告有難うございます

富山の市電、金沢邦楽ホールの様子、お写真入りで、居ながらにして同行させていただいてるような、なんとも嬉しいご更新です。有難うございます。

寿猿さんの記憶には驚きました。
ネットの公演データベースには昔の巡業のデータがありませんので、お父様の「十三代目片岡仁左衛門舞台年譜」を開いてみましたら、昭和37年11月、九州・東北巡業で
「番町皿屋敷 青山播磨…仁左衛門・ おきく…秀太郎・放駒 …半四郎」
「平家女護島 俊寛…猿之助・丹左衛門…仁左衛門・千鳥…菊次郎・瀬尾…竹若」
と。多分この時でしょうね。

越中→越前

おつかれさまです。
金沢の写メ、ありがとうございます。
良いホールだったでしょう。あのくらいのホールが、細かい所作に芸が映える歌舞伎には良いと思いますが、なかなか......。緞帳は加賀友禅の大作で、菊重模様。これは青海波を連想させ、おめでたい模様だと思います。舞台-芝居の邪魔をしない良い作品では、ないでしょうか。先斗町市乃様から頂いたブケにも菊があるようですから、吉兆だと思います。
番町皿屋敷は、すみません、映画でしか見たことありません。

明日も元気でお勤めくださりますように。

先斗町

先斗町「市乃さん」と 読み取れ 嬉しくなりました。
市乃さんが舞妓さんから襟替えか という時期?だったかな、
市乃さんのお母様とたまたま 金丸座で同じ桝、 又新しい歌舞伎座でも お隣の席というご縁で お名前伺ってましたので、
金沢の お部屋を飾るお花 見せて頂き、とても嬉しく思いました。







ナイスショット!!

タクシーの中からの市電、その町のひとコマを逃さず
映像で拝見できて嬉しいです。
13代目さまの「青山播磨」と秀太郎丈の「お菊」夢のようなお舞台
ほんの少しでもどこかに映像がないものでしょうか?
拝見したいです!
寿猿さんのご記憶に鮮明だったのでしょう。
それと金沢出身の先斗町の芸妓さんからのお花が優しく可愛いですね!
前回と今日のブログのタイトルから昔からの日本が残っているようで何気なく
安心したりいたしております。

お疲れ様です

夜分失礼します。梅雨どきの晴れ間で天候にめぐまれ、良かったです。めずらしいお写真ありがとうございます。各地大盛況でお客様もお喜びの様子、伝わってきます。北陸は趣きがあって、良いところですね。後半もお身体をいたわりつつ、頑張ってくださいませm(_ _)m
孝太郎様ブログに十三代目仁左衛門丈の京都の邸宅のお庭に咲いたあじさいの花の写メがありました。とても可憐で美しい青いあじさいの花ですね

ナツカシイ風景

 市電のナツカシイ風景

見れて良かったですね^^

秀太郎さん本当に嬉しそうで

私も嬉しいです。

 旅便り 更新

本当に楽しみにしてます。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム