尼崎




ついに関西に辿り着きました!先月末からの巡業、東京を振り出しに北の方からおりてきて、昨日は江州彦根でしたが、正直云って「京阪神」は地元と云う気持ちになり、楽屋入りや帰りの際は懐かしい「お馴染み」が迎え・送りしてくださったし、口上でご挨拶の折のお客様の拍手も何時もより温かく感じました。同じ関西仲間の竹三郎さんに対する拍手も嬉しかったですが「元気で色っぽい寿猿さん」に対しては、江戸・上方かわりなく、とても人気があります。明日は八尾、明後日は岸和田と大阪公演です。

コメントの投稿

非公開コメント

[i:63726]口上[i:63726]

温かみ溢れる
秀太郎さんの口上大好きです。
今日の口上中
二代目猿之助さんの一本刀の時は、 渡し場の子守をしてましたと仰って 手を後ろへ
それがもう 可愛い子守 になってるのに 驚きました。 すごいなぁと。
いい かたち! お可愛いかったです~。





プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム