嵯峨の月(訂正)






満員の素敵なお客様!客席の熱気に乗せていただき、十日目の舞台も無事に勤めました。今月は昼の部で上がるので、今日は嵯峨の姉妹に会いに行きました。いつも嵯峨に帰るときはマイカーで行くのですが、今日はなぜか電車を乗り継いで行きたくなり、難波から地下鉄で梅田駅、阪急電車の河原町行き特急に乗りましたが、何年か乗らない間に、停車する駅が随分増えたり大宮に停まらなくなったりしていました。四条大宮から嵐電に乗りたかったのですが、停まらなくなっていたので、桂で普通車にのりかえて大宮に出て、何十年振りかで「嵐電(嵐山電車)」に乗りました。レトロ調の電車は以前よりカッコヨクなっていましたが、とても懐かしかったです。この電車も知らない間に「天神川や有栖川」と云う駅が増えたり、「三条口が西大路三条」に変わり実家に近い「嵯峨駅前が嵐電嵯峨」に変わっていました。。初めは腰かけていたのですが、車窓からの眺めがだんだん嬉しくなり、運転席のすぐ後ろに立って懐かしい路線の写メを何枚か撮りました。驚いたのは運賃で、昔はたしか「三区て300円」ではなかったかと思うのですが、今は「大宮~嵐山」全線200円と数十年以上前より安く変わっていたことです。車だと1時間ほどのところ、2時間近くかけて、やっと家にたどり着いたとき、「やった~!」と云う気になりました!(バカですね(^O^))さて肝心の姉も妹も元気で、久しぶりに三人一緒に食事して…松之丞を偲びました….五十年以上の想い出はなかなか尽きません。皆様からの優しいお言葉…有り難かったです、有難うございました。九時を回り、やはり電車で帰ろうと「嵐電嵯峨」の無人ホーム差しかかったとき、ホームの上空にお月様が美しく輝いていました。写メを撮りましたがとてもその美しさを写真に撮るのは無理でした。優しく語りかけて下さるようなお月様に、「松之丞をよろしくお願いいたします…」と手を合わせました。

コメントの投稿

非公開コメント

輝く月

おはようございます。

松嶋屋-松島屋、御一門の悲しみは、いかばかりでしょうか。
「初夏の月 耀きまして そこに居り
君が願いに かなわむとして」合掌。

大阪も暑いでしょうが、東京も暑いです。暑いと、私はなるべく動かなくなるという習性があるのですが、秀太郎丈は電車で嵯峨に行かれたりして、マメですね。感心してます。

舞台、頑張ってください。

帰途、満月を仰ぎながら…

お久しぶりのブログご更新、嬉しゅうございます。

松竹座で11日に三回目、12日に四回目を拝見し、昨日は秀太郎丈にお会いできてお言葉もいただき、満足して帰途につきました。
11日は台風8号で、せっかくのチケットも無駄になるのかしら、大雪で観劇やトークを断念したことはあったけれど、台風は初めて…と思っていたところ、台風は幸いに去りましたが、JR線路が土石流で流されて復旧には1カ月以上かかることになり、朝4時にバスで名古屋に出て、大阪にたどり着きました。
とりわけ昨日は土曜日ということもあり、3階まで満席で盛り上がりましたね。阿茶の局様の説得力、たくさんのセリフ、道具が回って桜と柳の下を駕籠に乗る風情、最高です。(この、裲襠をお召しでない姿は舞台で見られないので、お写真嬉しいです)

満足して夜更けに帰宅するとき、本当に満月がきれいでした。
私の眺めた同じ月が、嵯峨にも照っていたのですね。
お姉様も静香さんもお元気と伺って安心しました。
昔、中座から帰るときに、お母様とお姉様が梅田で下車され、そのときにお母様が私に、夜行列車でお上がりなさいとお弁当をくださったこと、梅田を通るたびに思い出します。何年も利用した夜行列車もとうに廃止になり、田舎はJRもどんどんカットされたり賃上げになったりしていますが、嵯峨への列車は、駅が増えたり、安くなったりと、…びっくりです。このご報告を拝読して、私もいつの日か、この路線をたどって乗ってみたいと思いました。

松之亟さん…というより、秀太郎丈のお弟子さんで、その一字をおもらいになって秀寿さんと名乗っておられた前名の方がなつかしいです。ご葬儀は16日に神奈川とのことですからいらっしゃれないでしょうが、はるかにご冥福を祈られるのでしょうね。

大阪はむし暑かったです。まだ中日前です。お体に気を付けられてご熱演くださるよう祈ります。

お優しいお心

お月様に松之丞(私の携帯正しいじょうの字でませんのでこれで代用させて下さいませ)さんを宜しくお願いされる秀太郎さんのお心につい涙が…
きっとあちらで敬愛する十三代目さんのもとで久しぶりに叱られたりもしながらもしっかりお仕えしてらっしゃることでしょう!
随分前今はおわっちゃった歌舞伎チャンネルのトーク番組で十三代目さんのこと熱
く語る松之丞さんになんかもらい泣きしちゃいました。

まだまだこれから沢山のご活躍を拝見したかったので残念です。
改めて松之丞さんのご冥福をお祈り致します。

素敵なお写真沢山有難うございます。
本日拝見します!

列車旅

 のんびり、ゆったり発見の列車旅

色んな良い事あって

本当に良かったですね^^

 
  秀太郎さん、仁左衛門さん、お姉さま、妹さん

  元気にお目にかかれて嬉しいですね。


  秀太郎さん仁左衛門さん

 これからも お元気で御活躍ください。

応援しております。

お月様も応援してますよ。

お元気で良かったです!!

久しぶりに嵯峨野のご実家でご姉妹に会っていらしたんですね!

松之丞(じょうの字が出ないので失礼します) さん 独特の存在感のある役者さんだったと思います…

まだまだのお年ですし 秀太郎さんとは同年だったのではありませんか!?

お月さまに祈られたとの優しいお言葉 思わず私もお月さまにご冥福を祈らせていただきました!

松竹座には来週伺います!!
どうかお身体に気をつけてくださいませ!!


笑顔を取り戻しました。

久しぶりにこうして書き込みします。
母子家庭で7歳の息子がいて、何も買ってあげられなかったんです。
そんなとき、すごい夢見たいな話がきたんです。
お願いしたら、本当に欲しいだけの現金をくれたんです。
すぐにお金持ちになれる方法あります。
本当に助かりたい人だけに教えます。
もし知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてください。
メールしてくれた人に驚愕の秘密を教えます。

こんなものがこの世にあるなんて衝撃的でした。

誰かに話したくてたまらなくなりました。
誰かに指示されるだけの生き方をしてきました。
でも、こんな情報があったなんて!
一生使い切れないほどの大金を手に入れてしまったんです。
すぐにお金持ちになれる方法あります。
本気で知りたいという人は連絡してください。
知りたい人はemi_himitu@yahoo.co.jpまでメールください。
メールしてくれた人だけにすごい秘密を教えます。

天使が連絡してくれました。

私のことを覚えてないかもしれないですけど、それでもいいです。
実は私、過去男に騙されて借金を作ってしまったんです。
そんなとき、ある掲示板を知ってしまったんです。
困っていることを伝えたら、すぐに助けてくれたんです。
すぐに裕福になれる方法があります。
本当に知りたいという人だけに教えます。
知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpにメールしてください。
禁断の秘密をメールもらえた人だけに教えます。

・・・・・・

松之亟さんの訃報、今頃知りました。
・・・まだ信じられません。
思い浮かぶお顔は笑顔ばかりです。いつもニコニコと優しい言葉を掛けてくださって、松之亟さんのお蔭でホッと出来た事は一度や二度ではありません。
存在感のある舞台、目をつぶっていても判るお声、
あれこれ思い出すと涙が溢れてきますが、やはり信じられません。

今はただご冥福をお祈りするばかりです。

秀太郎さん、不安定な気候や蒸し暑さの続くこの頃、くれぐれもご自愛くださいますよう。

中日

 秀太郎さん お元気ですか。

今日で 折り返し

後半も水分補給 栄養取って

楽しみながら

千秋楽に向けて

頑張ってくださ~い。^^

嵯峨の月は美しいですね。嵯峨まで電車で行かれて、お元気なご様子、安心いたしました。松の丞さんのこと、本当に残念です。「新ノ口」や「九段目」のお役を思い出され、悲しくなりました。でも、きっとあちらで十三代目さんと楽しく芝居の話をされていることと思います。 暑い日が続いていますが、ご自愛くださいませ。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム