一桁(九日間)

元気に舞台を勤めています。「天保~、阿茶の局」は「意味が分かりにくい、言いにくい台詞」の連続で、初めは随分苦労しましたが、十日頃から自分なりに納得できる台詞になってきました。寺子屋の園生前は難しいです。四段目(寺子屋)は最後に出てきて台詞も「菅秀才か!」の一言七文字ですがなんと言っても「道真の奥さん」なので余り感情的になりたくないのですが、源蔵戸浪(橋之助・菊之助)がとても「情」のこもった芝居をするので、今月は上演していない「二段目…伝授場」の続きのような気持ちになります。そう、夢の菅丞相は父の仁左衛門!!そんな思いを胸に、こころをこめて勤めています。一昨日、16日松之丞の告別式が彼の弟夫妻によって松之丞の好きだった生花に囲まれ素敵な告別式だったそうですが公演中で一門のだれも参列出来なかったのは残念でした。でも魂は早、松竹座に来ているかもしれません。夢の菅丞相は父の仁左衛門!そんな思いで心こめて勤めています。
 

コメントの投稿

非公開コメント

お父様の丞相様

まずは、今日はお母様の祥月ご命日ですね。今でもいますがごとく思い出されます。にこにこして、御子息様たちのお舞台をごらんになっているでしょう。

昭和63年、歌舞伎座でお父様の「筆法伝授」「道明寺」を拝見しました。今さら私が言うまでもないですが、本当に神様のようなお姿でした。あの時は、園生の前は故歌右衛門丈で、秀太郎さんは可愛い苅屋姫でしたね。
「伝授」があると、「寺子屋」で源蔵夫婦が菅秀才をなぜあれほどに守ろうとするのか、園生の前様にあれほどの情を見せるのかがよくわかりますね。
お父様の丞相様をお心に持ちながら、新しくなった歌舞伎座で「菅原伝授」の通しが、もちろん、肩の治った当代仁左衛門さんの丞相様で実現するのを待っています。その時は秀太郎丈は、今度は立田の前でなく覚寿で。

あと一桁になりましたね。ご体調も回復された由、何よりです。
松之亟さんとのツーショットのお写真を見ると、11月の明治座がありあり思い出され、今でも元気でおられるような気がして胸がしめつけられる思いです。きっと今は松竹座に来て、お手伝いなさっているでしょう。
下旬にまた拝見するのを楽しみにしています。

素敵なツーショット有難うございます!

松之亟さん、舞台は去年の京の顔見世が最後となってしまいましたね。
やっぱり寂しいです。本公演や上方歌舞伎会でのご活躍が思い出されます。

園生の前の旦那様は十三代目さんの菅丞相様なのですね!お二人並んだところを想像してみます。苅屋姫も成長されて御台様になられたのですね…次は是非とも覚寿を!と願ってやみません。

秀太郎さんの御台様は台詞は一言ですがやっと対面出来た我子の無事を喜び慈しむ想いや、その子の替わりに命を落とした小太郎を悼むいろは送りでの情や忠臣源蔵夫婦への情とを感じる素敵な御台様で好きです♪
今日はご母堂様のご命日ですね。松竹座で松嶋屋さんご一門のお芝居を拝見しながら偲ばせて頂きます。

訂正

松之亟さん去年12月南座ではなかったのでしたね。
歌舞伎座七段目の布団と枕の仲居さん…拝見していながら失礼しました。

日々新鮮に

おはようございます。

本日はお母様の御命日、お悔やみ申し上げます。松之亟丈、活発なご性格のようですので、きっと、あちらからこちらえと、度々来られると思います。

秀太郎丈は、体調も良くなり、無事に舞台を務められていて、なによりです。阿茶の局、園生の前、解釈を楽しみながら、さらに九日間、頑張ってくださりますように。

兄弟心ひとつに

 『寺子屋』 はお父様、お祖父様が

大切にされていたもの

仁左衛門さんと兄弟力合わせ心ひとつに

頑張ってください。


 
 映画(舞台)通な秀太郎さん

今日は 愛之助さんの映画

『仮面ライダー鎧武』 初日です。


早速、頑張っているご自身に

兄弟で 楽しんできてください。

良き週末を!

松之丞さんとのお写真ありがとうございます

数年前、雑誌「演劇界」で十三代目の特集がありました。松之丞さんの文章の中に「こんなすばらしい芸を同情で見てもらいたくない」と、奥様の依頼のもと、目になり、手足になって仕えられた様子が書かれてありました。とても印象的な文です。当代の伊左衛門の後ろに居る仲居の松之丞さんのまなざしに、いつも十三代目と重ねられて見守っている感じがありました。ご冥福をお祈りします。
21日松竹座観劇楽しみにしております。

拝見しました!

本日昼の部を拝見しました!
今、さっきです!!


阿茶の局のお茶目な感じがとても素敵でした。

権力発揮の台詞には、胸がスッとしますね。

最後の花道のところでは間近でお顔を拝見出来たので幸せでした。

花道横の4列目。
目がハートになって熱い視線を送っておりました。

興奮気味ですみません。

夢…

松之丞さんとのお写真、昨年11月の明治座でお撮りになったものですね…このお写真がアップされた時、妙に印象深かったことを覚えています。
ご冥福をお祈りいたします。
今月の舞台…きっと、お父様、松之丞さんが見守っていらっしゃることでしょう。

蒸し暑さが続いています。ご自愛下さいませ。

お元気で良かったです♪

やっと来週昼夜 拝見します!!

園生の前 セリフは一言でも菅少丞さまの奥方として一言にこもる思いがあるんですね!!だから上品で美しいんですね!!


私もいつか仁左衛門さんの菅少丞さまで覚寿をなさるのを拝見したいです!!
是非とも実現していただきたいです♪

七月大歌舞伎

秀太郎様、お疲れ様です。松之亟様とのツーショット拝見しました。ちょっと涙ですが、秀太郎様がピースされて微笑んでいらっしゃるのが可愛らしいです。松竹座、東京からも観に行かれた方で、天保遊侠録の秀太郎様の舞台、とても痛快で良かったというお話でした。真山青果作でも分かりやすかったと。梅雨明けまであと少しと思いますが、引き続きご健康にお気をつけてご尽力くださいませm(_ _)m

いよいよ明日

いよいよ明日、いや本日、初めての大阪松竹座でお芝居見ます。東京とは一味二味も違った空気なのでしょうか?気になります。
私を大阪まで連れてきて下さり、ありがとうございます。

人は助け合って生きていくことができます。

久しぶりにこうして書き込みします。
母子家庭で1歳の息子がいて、何も買ってあげられなかったんです。
私の人生は、ある方法で、がらりと変わりました。
本当に困っていれば、なんでも助けてくれる人です。
すぐに裕福になれる方法があります。
絶対に知りたいという人だけに教えます。
emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてもらえたらその方法を教えます。
禁断の秘密を連絡してくれた人だけに教えます。

大阪松竹座

二度目のコメントで恐縮ですが、松竹座行って良かった〜♪
劇場もお客様も歌舞伎座とは全然違う雰囲気なんですね。最初の演目は、秀太郎さまのいい女っぷりに、自分にガックリ。そして寺子屋は、たいへん引き込まれました!
ありがとうございました。

困っていたので、本当に助かりました。

これで最後にするので最後に一ついわせてください。
私は一応女性なんですけど、これまで孤独ですごく寂しかったんです。
でも、ある方法で私の人生は百八十度変わりました。
一生使い切れないほどの大金を手に入れてしまったんです。
借金を一括で全額返済できるんです。
本当に助かりたい人だけ、連絡してください。
知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpにメールしてください。
メールもらえたらすぐに教えます。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム