夏真っ盛り!


昨日は久々の休日で、歯科の谷口先生に歯を診ていただきに行きました。先生には松嶋屋一門を初め、昔から多くの歌舞伎役者がお世話になっています。診療所は日本橋一丁目で、私の家最寄り駅「阪急・関大前」から一本で行けるので、(いつもは車でいくのですが)関大前まで車で送ってもらい初めて電車で伺いました。帰りはビックカメラにより、難波から地下鉄で「緑地公園」でおり、迷いながら家にたどり着き、汗びっしょりになりましたね!今日はこれから31日の池坊会館での「あやめ浴衣・りき彌」の稽古で、これから8月いっぱい、東西の勉強会のお稽古で、猛暑に負けず頑張ります!!

コメントの投稿

非公開コメント

秀太郎先生の思い出

初めまして。
秀太郎先生の舞台を45年前に拝見していた志鷹と申します。
旧新歌舞伎座夏歌舞伎公演でした。
守田勘弥先生も客演されていました。

父君仁左衛門先生の舞台を何度か拝見していましたから今となりましては貴重な体験です。
暑い時期ですがお身体ご自愛頂き素晴らしい舞台努めて頂きますことお祈りしております。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム