夏真っ盛り!



昨日は久々の休日で、歯科の谷口先生に歯を診ていただきに行きました。先生には松嶋屋一門を初め、昔から多くの歌舞伎役者がお世話になっています。診療所は日本橋一丁目で、私の家最寄り駅「阪急・関大前」から一本で行けるので、(いつもは車でいくのですが)関大前まで車で送ってもらい初めて電車で伺いました。帰りはビックカメラに寄り、難波から地下鉄で「緑地公園」で降り、迷いながら家にたどり着き、汗びっしょりになりました!今日はこれから31日の京都・池坊会館での、りき彌の「あやめ浴衣」稽古をします。これから8月に入ると東京国立劇場「音の会」の新口村、9月の弥十郎新悟親子の会、「壺阪」の稽古。文楽劇場での「上方歌舞伎会」のお稽古、それが終わるともう九月歌舞伎座の稽古が始まり、東京の公演が続きます。暑い最中、正直言って大変ですが、若い役者が修行場をあたえられ、それを指導させて頂けるのは有り難いことです!暑さに負けず頑張ります!!

コメントの投稿

非公開コメント

りき彌さん

今月公演中は黒衣姿でも登場なしでしたが
やっとご登場で嬉しいです~

ご指導はご自身で演じるよりよっぽど大変なこととは存じますが、歌舞伎の未来のためにも頑張って下さいませ!

歌舞伎座の寺子屋でも中間発表会があったそうですね。松竹座ご出演で秀太郎さんがご覧になれなくて残念ですが一年終了しての発表会はご覧になれますように!
歌舞伎美人のサイトで写真をみて、お稽古場での発表会に十数年前の上方歌舞伎塾一期生さんの松竹座お稽古場での発表会(?)を思い出しました♪

トーク-ショウ

暑中お見舞い申し上げます。

りき彌さんの舞踊の稽古、お疲れ様です。りき彌さん、がんばってください。「あやめ浴衣」は、秀太郎丈のトーク、会食のあとの、美味なデザートの感じで、踊られるのでしょうか。

関西の秀太郎丈、りき彌ファンの皆はん、楽しい宵を、すごしておくれやす。



暑中お見舞い申し上げます。

連日の猛暑の中、お忙しくしていらっしゃるようですが、天神祭のお写真などから、お元気なご様子が伺え、嬉しく思っております。
八月は、若手の方々の勉強の場もあり、秀太郎丈のご指導により成長されていく姿は頼もしいですね。
まだまだ暑さは続きますが、ご無理なさらず、ご自愛下さいませ。
東京公演を楽しみにお待ちしております!

 夏本番

 秀太郎さん夜でも暑い日が続きます。

体調管理に気をつけて今後とも

楽しく頑張って行きましょう。

更新

楽しみにしております。


プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム