初日!

第24回上方歌舞伎会、いよいよ初日を迎えました。みんなとても頑張っています!お稽古の成果が、良い形で顕れますように!!写メは全ての稽古終了後の『手打ち』。上方では『舞台稽古』後、江戸は『総稽古』の後行います。ちなみに『道具しらべ」とは大道具を飾り付け、装置の確認、直し。時には場当たり(居どころ確認)等をします。
 

コメントの投稿

非公開コメント

更新有難うございます!

へ~こういう風に手打ちをするんですか。
貴重なお写真有難うございます♪

明日拝見するのを楽しみにしております!
12年前の東京の国立劇場のと同じお役の方はこの年月での成長ぶりも垣間見ることが出来そうですね。

ちー様
おかげさまで昨日の産経夕刊買えました。えらい大きくでてましたね~ビックリでした。
師匠の当たり役を師匠に教わって演じることが出来て千壽さんは(松十郎さんもです)幸せですね!

尊敬

以前、秀太郎丈の講演会で 上方歌舞伎塾 発足当時からの お話を伺い 尊敬の念 を深めておりました。
手塩に掛けられた塾生のかた達や
上方歌舞伎会 出演の若い人達の
ご指導。
猛暑の砌 先生方の 特訓に感謝しながら 観劇させていただきます。




楽しみ!楽しみ!

いよいよ初日があきますね!
先日の激励会で、りき彌さんは前回よりも良いお里を演じたいと仰っていたので、とても楽しみです(^-^)

y 様
新聞が手に入り良かったです。大きな記事だったので、私も嬉しかったです。
(コメント欄の私用使い失礼いたしました。)

ありがとうございます♪

道具調べとは?という私の質問にわざわざ答えていただき 本当にありがとうございました♪
以前 仁左衛門さんが松竹座での舞台稽古を公開なさった時 拝見したかったのですが 仕事もあり 舞台を拝見するのが精一杯で とても悔しい思いをしました!

今回も遠征する時間がとれず東京から応援しております!!
上方歌舞伎塾をずってご覧になっていらっしゃる方が何人もいらっしゃるのがちょっと羨ましくなります!!

秀太郎さんと仁左衛門さんの木の実、鮨屋は(孝太郎さんのお里も)大好きなので 若手の皆さまがその芸を継承していってくださることを期待しております!!

暑さ厳しい毎日 どうかどうかお身体に気をつけてくださいませ!!
ありがとうございました♪


初日おめでとうございます。

 今日も 勇気を持って一歩

踏み出して 

自分の可能性を信じて

頑張ってください。

この舞台で大きい成果を

上げてほしいですね。

楽しみにしております。

初日おめでとうございます!

秀太郎丈の歌舞伎に対する熱意と温かさが嬉しく感じられ、
尊敬しております。
お弟子さん達は充分に受け入れ努力なさったことでしょう。
本番中にも成長される姿をご覧になる方々は楽しまれること
でしょうね。
皆様のご健闘をお祈りいたしております。

初日おめでとうございます

11時が過ぎ、いよいよ幕が開きましたね。
出演なさる皆さんは勿論のこと、ご指導なさったお立場の皆様は緊張して舞台を見つめておいででしょう。
お稽古中の様子が葵太夫さんのブログに一言二言あるのも読んで、張りつめた空気が伝わって参りました。
大阪に後ろ髪引かれながら(まだ拝見しないのに後ろ髪も変ですが)、趣向の華を見るために、今東京へ向かっています。
今夜の夜行バスで大阪に向かいます。楽しみを明日に。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム