追伸!

コメントの投稿

非公開コメント

お師匠さま

有難うございます。
のれんを背の
お写真に引き続き 千壽さんをお連れになっての
お写真も 有難うございます。でございます。

素敵なお写真

秀太郎丈のブログの楽しみは、文面はもちろんですが、この拵えをしたお写真。ご自分に加えてお弟子さんや共演なさっている皆さんも拝見できて嬉しいです。
彌十郎さん新悟君親子の彌悟(やご)の会、お里を秀太郎丈がご指導なさり、その結果を気遣っておられるお優しさ、新悟君もどんなにか嬉しいでしょうね。壺坂は地味なお芝居ですが温かい夫婦愛が大好きです。また秀太郎丈のお里を拝見したいです。

やっぱり師匠のブログに先写真載ったわ~

遠慮がちにピースする仲居さんとのツーショット有難うございます♪

ひとつ前の楽屋暖簾前のお松さんお一人のお写真も素敵です~

初日から昼夜共に素敵でこちらは大満足でしたが芸道はご自身に厳しいものなのですね…ご自身の納得なさる舞台になりますように!

私もまた秀太郎さんの壺坂のお里拝見したいです~以前松竹座で拝見したお兄様との壺坂素敵でした。

お写真


秀太郎さん、千壽さんとのお写真ありがとうございます!
お衣裳のお写真を拝見すると歌舞伎座へうかがえたような気持ちになれて嬉しいです。
秀太郎さんが新悟さんの御稽古をおつけになってお褒めになっているのを、新悟さんも心強くいらっしゃるでしょう。
御指導なさった秀太郎さんが御心にかけてらっしゃる温かさを感じて私も嬉しいです。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム