やごの会初日


彌十郎新悟くん親子会「やごの会」も無事にいったようです!今日の初日は5時か5時半の開演だったので観ることは出来ませんでした。舞台稽古の「関の扉」を観て来ました。壺坂は明日の2回目が観られそうで、千穐楽の事なのでかえって気楽に観られそうで楽しみにしてます!

コメントの投稿

非公開コメント

やごの会


やごの会のチケットを確保していたのですが、体調不良で私はうかがえず、家族がまいります。
秀太郎さんが新悟さんの御稽古をおつけになり、新悟さんをお褒めになったと家族に伝えましたら、『それなら尚更楽しみだ』と明日を楽しみにしております。

お写真有難うございます!

関兵衛大きくって迫力あることでしょうね~。沢市さんはどんなかしら…
新悟さんはお背が高いから女形さんとしては苦労も多いでしょうけれども大きいお父様が相手だと少し楽かしら…なんてことを思いながら会の盛況をお祈りしております!お里ご覧になれるのですね。お二人もさぞお嬉しいことでしょうね!

あら、お松さんがいらっしゃる。
皆様が力を出し合っていらっしゃるのが、ほんとに江戸の人達みたいですね。

やごの会

本舞台の公演に、新悟さんのご指導に、と充実のご様子、何よりです。
明日(10日)、夜の部拝見します。楽しみです。

今日も楽しみです

 秀太郎さん 御疲れ様でした。

いいコーチ 仲間に 友達に支えられ

晴れ舞台 いいですね。

今日も楽しんできてください。

さぁ舞台

 楽しく頑張ってください。 
 
 秀太郎さんにとって素的な

 いい日でありますように。

 
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム