新国立劇場

昨15日は生まれて初めて「新国立劇場」に行き、若村麻由美さんと元宝塚の久世星佳さんの二人芝居「」ブレスオブライブ」を観て来ました。15分の幕間をはさみ、2時間25分二人だけで「喋りっぱなし」の芝居で、勿論凄い台詞の量!、若き日の秀太郎でも絶対に無理な芝居で、今の秀太郎は観てるだけでくたびれました@稽古も大変だったろうと思い、後まだ十日間の公演が続き大変!お二人は凄い!!と思いました。夜は横浜のご贔屓が京都宮川町から芸妓さんを読んでくださり、銀座の一宝ておいしい天婦羅をご馳走の後、銀座のクラブに連れて頂き大盛り上がりで楽しい夜を過ごさせて頂きました!だから翌日の芝居はいつに増してとても頑張るのです(笑)もう寝ます

コメントの投稿

非公開コメント

そのお芝居興味ありました

二人芝居か~ちょっと見てみたいな、と思ってましたがなかなか都合つかずでした。

新国立劇場、東京在住時にもっと行っておけばよかったです。
昨夜も充実のひとときをお過ごしでなによりです!
今日は十一代目さんのご命日ですね。亡くなられて八十年ですか…ご生前の舞台を拝見してみたかったものです。
今日もお元気でおつとめ下さいませ。

充実の日々

睡眠時間、何時間なのでしょう???(私には無理です…)
充実した時間を過ごされ、それが活力の源になっているのは素晴らしいです!
今朝は冷えましたが気持ちのよい青空ですね。
本日もお元気に舞台をお勤め下さいませ。

昨日の記事コメントですが、舞台の情景に気を取られ書き忘れたことがあります。源氏物語の梅枝(うめがえ)には明石姫君の今でいう『成人式』の準備をするシーンがありますね。髪型のご説明とお写真をありがとうございました。(上方役者さんだけに)

秀太郎さん、若村麻由美さん、久世星佳ささん、昨日はお疲れ様でございました。

『さ』がひとつ多く失礼致しました。
でも『さ』が沢山ある役者さんにあいますね。

なんと~~

充実の一日、そして「もう、寝ます」で、時間を見て思わず画面に向かい笑ってしまいました!(ちょっと変な私??)
時間を忘れて楽しむことができるっていいですねえ~
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム