今日は・りき彌


昨日は千蔵を見て頂いたので今日はりき彌を見てください(^.^)りき彌は今月は伊勢音頭で油屋座敷の仲居と、奥庭の踊り子を勤めています。座敷の場の仲居から踊り子に変わる間が、短時間のため楽屋に帰らず、「拵え場」で着替えています。今月は踊り子が踊る「伊勢音頭」は、いつもより「たっぷり」踊らして頂いて、それを二十五日間…、当然進歩していることと思いますが、最近は観てません♪

コメントの投稿

非公開コメント

No title

少しずつ松嶋屋の皆さんを覚えさせていただいております。今月は東京、もう一回行くけれど、伊勢音頭はもう一回見れない。大阪は皆さんGOEMONで頑張ってはります。先月は千壽さんは御所五郎蔵で芝雀さん、松緑さんのセンターでしたよね、よい位置いらっしゃるわ、としかと拝見致しました。ちゃんと脇役でもお江戸の皆様からも認めて頂いているから、この位置どりなんやなあと。上方で、どこまで歌舞伎が続くのかは誰にもわかりませんが、最近の松竹座は賑わってます。昨年は愛之助さん人気で、初めて見る人混み、夏の舞台とはえらい違いでして、その後、賑わい状態はずっと続いており、よい感じで松竹座も盛り上がっております。

りき彌さん可愛い!

可愛いので油屋の座敷でも奥庭の踊り手でもつい目がいきます~(^^)
歌舞伎座、千穐楽にもう一度拝見します!

今日は阪急の愛之助さんの展示と松竹座でした…正直申しますと愛之助さんにはもっともっと古典の勉強に時間をさいて頂きたいですがGOEMONはGOEMONで面白いもの作らはったな~と楽しく拝見しております。千壽さんも歌舞伎座だったら伊勢音頭やったかな~名題さんは橋の上チームやな~しかも新米名題さんは端っこやろな…でしたが松竹座では堂々センターで踊ってらしてご活躍が嬉しいです。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム