no title


今日は1時から「伝統文化ポーラー賞」の受賞式&パーティーに出席しました。受賞者が藤間勘祖さんで歌舞伎振付に対する功績が評価されてのご受賞で、歌昇・玉太郎君が素で「三番叟」をご披露しましたが、二人ともとても良かったです。式の後のパーティーで勘祖さんや歌昇・玉太郎君と歓談後、お台場に急ぎ、5時20分から長女推薦の「るろうに剣心」を鑑賞しました。殺陣が凄かったです!!劇画を上手く映像化されていて、理屈抜きに楽しめ、ちょっと歌舞伎と共通点を感じました。終映後銀座に出て、久しぶりに「天國」の天丼を食べたくなり、9時ラストオーダーで10時閉店なので、急いで8時55分にお店に着いたのですが、「ラストオーダー、5分前にクロスです!」て入店拒否されました…。それなら8時55分ラストオーダーと書けばいいのに…、急いで行ったので気分が悪かったです。もう天國には行きません!!ただ映画は面白かったし「三番叟」も良かったので全体的には良い1日でした。

コメントの投稿

非公開コメント

同感!

時間 時刻 は厳守すべきもの
仰せの通りだと思う。
僕でも その状況なら、もう行かない。

お可哀想に

折角 駆け付けなさったのにぃ…。
私も、そう思いますし、二度と行かない、とおもいます。










フットワークかるいですね~

最後が残念でしたが
授賞式に映画にと充実した一日をお過ごしのご様子でなによりです。

天國さんはいいお客様を失ってしまわれたこと…老舗なのに残念な対応でしたね。

明日はもう千穐楽、拝見するのを楽しみにしております♪

天丼は残念でしたね。お嬢様からのお薦めの映画をご覧になられるなんて楽しそうです。秀太郎さんのお父様が寅さんの映画にご出演されたことをネットで知りましたが、寅さんは全て制覇しているので多分あれかな~と記憶にあるものがあり探してみます。(お正月映画として)
舞妓さんの映画は京ことばのことに触れて下さいましたので、ゆっくりDVDかなと思っております。
歌舞伎の若手の方々は頼もしい方々ばかりですね。

それから26日の法界坊の放送見ますね。

十月大歌舞伎

秀太郎様 お疲れ様です。野崎村、観せていただきました。とても、いいお芝居でじーんと印象が残る舞台でした。秀太郎様が舞台ご登場の時、拍手が巻き起こり、さすがと嬉しくなりました。役者さん、皆さん一所懸命でとても良かったです。ところで、秀太郎様が「るろうに剣心」をご覧になったと聞き、私もぜひ観たくなりました。明日は千穐楽、お忙しいことと存じますが、頑張ってくださいませm(_ _)m
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム