中日(訂正)

中日の舞台が無事にすみ、いよいよこの公演も後半にはいりました。猿之助さんは益々元気ですが、疲れないハズはありません。彼は「達成感から来る『疲れ』」を楽しんでいるからこそ、連日余裕を持って演技に集中することが出来るのではないでしょうか。さて今月の私の子供(千壽・りき彌)たち、千壽は昼の「高時」の官女と「夏姿女團七」の芸者の二タ役、夜の部は舞台に出ないで、私が化粧にかかる時から役を終えて楽屋を出るまで、ズッと私に付いて世話を焼いてくれています。りき彌は昼夜に芸者、町女房、腰元と、違うキャラクターの役に励んでいます。もっとも役の間には、私の舞台裏での「衣装の拵え」などもてつだっています。因みに、付き人の「ま~ちゃん」も一生懸命、無口ながらも頑張ってくれてます!衣装の上松さん、床山の望峰ちゃん…、素敵な人びとに支えられ、元気に舞台を勤めています。  
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム