千秋楽

お陰様で今年8ヶ月の東京公演、本日無事に千秋楽の舞台を勤めました。ご支援有難うございました!明日から顔見世の稽古が東京で始まり、明後日から南座での稽古にはいります。今年の顔見世では一部二部共に好きなお役で楽しみですが、終演後の第3部(?) も楽しみです!風邪を引かぬように頑張ります…。ご支援の程、宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

千龝楽

おめでとうございます。

梅川 に お石!
いよいよ顔見世

秀太郎さんの
艶やかな深い芸 が 拝見できる月
楽しみです!







千穐楽おめでとうございます!

東京でのご活躍、その若々しいお力を秘めて南座へ!!
たのしみでワクワクしてまいります。
南座は第Ⅲ部をお待ちかねの方々がいらっしゃって
お幸せ!

千穐楽おめでとうございます!

もう東京でお稽古なのですね。
丁今日覗いてみた歌舞伎美人のようこそ歌舞伎へのコーナーが秀太郎さんが梅川を語るのになっていてつい職場でみいってしまいました♪
上方のをんなの中で新口の梅川はもうやらないと仰っていたのが今度拝見出来るのが嬉しくてたまりませんが、今度で最後と仰らず是非ともまたお願いします…封印切の方を松嶋屋さんの型で是非是非~

なにはさてまねきも上がり顔見世気分で盛り上がって参りました♪
初日の拝見を楽しみにしております!

No title

お疲れ様でした。来月は本気の松嶋屋様の上方のをんな、を、初めてなまの舞台で拝見できると楽しみにしております。一時声が出ないと仰っていたのが嘘のよう、本当に最近の舞台はますますお元気そうですで、楽しませていただいております。

千穐楽、おめでとうございます。

お疲れさまです。明治座拝見。秀太郎丈好演でした。夜の部は、筋を追うというより、場面ごとに楽しむと言うようにしました。りき彌さんも良かったし、昼の千壽さんも良かったです。竹三郎丈、寿猿丈も、あれだけの演技をされて、立派ですね。
明日から、顔見世の稽古ということで、健康に留意なされ、頑張ってください。京都では、比翼が悲しみの内に、飛翔するでしょう。また山科閑居では、秀太郎丈の「御本望を...」に余韻があるでしょう。第3部も楽しんですごされますように。叶子はんは、店だしから、もう半年たつと想いますけど、元気でやっていやはるのどすか。

千穐楽おめでとうございます!

大盛況のうちに千穐楽を打ち上げられましたこと、おめでとうございます。
お稽古、そして間もなく南座の顔見世の幕が開き、いよいよ今年も残すところわずかとなるのですね。
今日は冷たい雨が降っています。お気をつけて京都へお帰り下さいませ。

千穐楽おめでとうございます

そして8ヶ月の東京での公演お疲れ様でした。本当にたくさんの素晴らしい舞台を観させて頂き、ありがとうございました。御弟子さん皆様もお疲れ様でした。年末年始は南座、大阪松竹座での素晴らしい公演があるということで期待しております。冷え込む日が続きますが、お身体を大切に頑張ってくださいませm(_ _)m

女神の微笑み

初めまして。昨日明治座千穐楽おめでとうございました。お疲れ様でした もうすぐに南座お忙しいですね。でも1年間舞台を踏まれるのは役者さんとしてはお幸せなことと思います。最近からですが 市川猿三郎さんのブログを楽しませて頂いてる中 秀太郎さんを師匠と仰ぎ 長年のお心に掛けてくださる温かさに感謝し共演に感無量のお話がありました。微笑みを拝見してるだけで包容力を感じます。どうぞこれからもお健やかにご活躍下さい。

秀太郎さん、松嶋屋さんの皆様、今月も、そして今年もおつかれさまで御座いました。

南座の季節がめぐって来て、役者さん方が宝船に乗ってやってくるような、楽しい気分がこちらまで伝わってきます。

ながきよのとおのねぶりのみなめざめ、なみのりぶねの、音のよきかな~。

いらしたお客様は来年いい初夢が見れそうですよね。




プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム