千穐楽




今年の顔見世は昼夜にかけて私の好きな役々を勤め、無事に千穐楽を迎えさせて頂き、とてもありたいと思っております。兄の我當が25日から休演したのは残念でしたが、仁左衛門が代役を勤め、はからずも父・兄・弟と、3人の孫右衛門で梅川を勤めました。途中休演していた壱太郎、国生も千穐楽は元気に復帰しました。明日27日から松竹座初春興行の稽古が始まります。来月は吉田屋のおきさと封印切のおえん、二役とも廓のおかみなので、同じようにならないように頑張ります。来年も宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

千龝楽おめでとうございます

梅川といい お石といい すばらしいもの 拝見出来至福の想いです。
お元気も 何より嬉しい事。

益々のご活躍 いのります。







お疲れ様でした!!

素晴らしい梅川とお石 拝見出来て幸せでした!!
梅川では孫右衛門をいたわる その手や指先に目がくぎ付けになっていました!!
なんとも美しくて優しく 愛する忠兵衛の父親へのお詫びの気持ちや感謝 そして労りがそこに凝縮しているようでした!!


またお石は武家の奥方としての気概と 夫を思い、悲しみを抑えた強さなどいろんな気持ちが伝わり この両家の不幸が胸を締め付けるような思いがしました!!
そんな舞台を拝見出来たことは本当に幸せでした!!


今年も一年間8月以外は休みもなく舞台に立ち続けられ本当にお疲れ様でした!!

また明日から来月のお稽古だそうですが 少しでもゆっくりなされる時間があるといいですね!

来月も松竹座の舞台を楽しみにしています!!どうかお身体ご自愛くださいませ!!



祝! 千穐楽!

おはようございます。
お疲れさまでした。

素晴らしい梅川、お石を拝見できて、幸せでした。感謝してます。
観客に深くて大きな感銘を、与えて、秀太郎丈、上首尾でした。おめでとうございます。
千壽さんも突然の代役、ご苦労さまでした。歌舞伎は、代役で成果をあげれば、その役が続くというシステムでないので、残念ですが、心ある人の脳裡には焼き付き、次の機会があるかもしれません。それを期待しましょう。
りき彌さんも、今年ご苦労様でした。来年も堅実な努力、お願いします。
28日には、NHK E-TVで放映があるということなので、拝見します。カメラを通したものは、また別の趣があるでしょう。楽しみです。
先週の「にっぽんの芸能」で『鴈治郎襲名によせて』があり、そのなかで、御父様を〈伊勢音頭恋寝刀〉の《喜助》で拝見しました。第2代鴈治郎丈が《万野》のもので、4-5分のダイジェストでしたが、楽しみました。

京都深夜親善大使のお役も、お疲れさまでした。

来月新春鴈治郎襲名公演、《おえん》、《おきさ》、楽しみです。店の格式が違うので、役の造形が異なると想像してます。
今日一日の休日、大切に過ごされますように。

一夜あけましたが千穐楽おめでとうございます!

お役のお写真有難うございます。
梅川もお石も大好きです!もっともっと拝見していたかったです。
今年の顔見世は終盤にきて休演続出の波乱がありましたが、代役の皆様がしっかりつとめられ無事乗り切り、歌舞伎役者さんって凄いなぁということを実感いたしました。まさか仁左衛門さんまで二日間だけ代役することになろうとは…でしたが、久しぶりなのが嘘みたいな感動の孫右衛門でした。降る雪の量が今までより増えていたようで竹薮をいくお二人と手前の孫右衛門とが実に美しくも哀しい絵になってました。

我當さんの一月休演、橋之助さんの代役が発表されて、ご兄弟お三人共演が叶わず残念でしたが、ご無理は禁物ですししっかり治されてお元気な舞台姿を拝見できる日を楽しみにお待ちまいたしす。

秀太郎さん、今年も沢山素晴らしい舞台を有難うございました。来月のおきささんにおえんさん、さ来月の栄御前、そして三月待望の初役の覚寿様とすでに来年が楽しみで仕方ありません♪
どうぞ第三部をお元気と若さの源とされて来年もお元気で素敵な舞台を拝見させて下さいませ。秀太郎さんとお弟子さんたちのお写真満載のブログもひき続き楽しみにしております!

お疲れ様でした

翌朝になってしまいましたが、千穐楽おめでとうございました。
千穐楽は公演ごとにあるけれど、12月の千穐楽はまた格別でしょうね。
楽の昨日も拝見できました。
梅川があまりに素晴らしいから、上旬にお会いした時に「次は弟さんの忠兵衛・孫右衛門でぜひ」と申し上げたのでしたか、このような形で実現とは。弟さんの孫右衛門は何度も拝見していますが、秀太郎丈の梅川とは初めて。お兄様のことがあるので、喜べませんが、貴重な舞台を拝見できました。
お兄様のご回復を神仏に祈っております。
今年もお休みなく名演を次々続けられ、本当にお疲れ様でした。
ほっとなさる暇もなく今日からお稽古ですね。おきささんも、おえんさんも、秀太郎丈の持ち役ですからお稽古までもないでしょうが、初役の新鴈治郎さんや、治右衛門代役の橋之助さんのご指導も大変でしょうが、頑張ってください。
初日には行かれませんが、何回か大阪に参ります。
では良いお年を。


千穐楽おめでとうございます

顔見世公演、お疲れ様でしたm(_ _)m そして、休む間もなく新春公演のお稽古なのですね。鴈治郎襲名公演ということで上方歌舞伎がますます賑やかになって頂きたいです。吉田屋のおさき、封印切のおえん、秀太郎様ならではのお役楽しみです。今年はほとんど毎月舞台に立たれ、素晴らしいことです。我當様がお元気になられることを祈っております。また東京での公演もお待ちしておりますm(_ _)m

千穐楽

おめでとうございます。
仕事帰りの夫と夜の部を拝見しました。
夜の部は初めてだったので、九段目のきりりとしたお石に惚れ惚れしました。昼の部の梅川との演じ分けが素晴らしいと思いました。来月も楽しみにしています。
千穐楽でお忙しいのに番頭さんが丁寧に接してくださって感謝しています。

千穐楽おめでとうございます

いちにち遅れで恥ずかしいですが、南座顔見世素晴らしいものをみせていただきました。ありがとうございました!
梅川の健気なをんなの美しさには感嘆の声が満ちました。
お石さまが女にとどまらず、毅然とした人の心ある生き方を
目の当たりにするようでした。素晴らしかったです。
両方ともまた拝見したいです!

今日からお正月のお稽古とハードなスケジュールに
いつもながら驚いております。
お体にお気を付けになりましてお風邪を召しませんように
お祈りいたしております。
松竹座のハッピーニューイヤーのお芝居を楽しみにしております。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム