あと六日間




今日は全演目のTVの収録がありました。オンエアはいつか知りません。ご要望にお応えし、千蔵とのツーショットをお届けします。あとの2枚はおまけです!

コメントの投稿

非公開コメント

お元気ですね

楽しい写真、有難うございます。撮る時の秀太郎丈の会話が想像されて頬が緩みます。
TVが全演目を収録したとは驚きました。記録用でなくテレビ局?NHK?どこの局?全部放送されるのかしら?
あと6日、次に拝見するのは6日目の楽なので、指折り数えています。

謝謝 照片 <写真有難うございます>

おはようございます。
お元気でなによりです。
千蔵さん、久しぶり。ちょっと疲れているように見えるけど、頑張ってください。
おまけの写真も素敵です。
りき彌さん、相変わらず、綺麗ですね。実際はわからないけれど、おっとりとした感じに、好感が持てます。

秀太郎丈、この興行、あと六日頑張ってくださりますように。

もう残り6日ですね

和気藹々のツーショット三種有難うございます!
千蔵さんが吉田屋で千両箱持ってくると重たくっても大丈夫という安心感をおぼえてしまいます…(^^)
りき彌さんはいつも可愛いですね。
お馴染みの上方のお弟子さん方が仲居で並んでいらっしゃるとそのお仕事ぶりにも目がいきます。忠さんにお茶入れてあげるのね、とか身請けのお金を財布に納めるのね、とか…
松嶋屋さんの大番頭さん當十郎さんとのショットも嬉しいです!
今月はあと二回拝見します。
千穐楽までお元気でおつとめ下さいませ。
テレビ局はどこなのかしら?
放映を楽しみにしております!

吉田屋の千壽さんとのツーショットもよろしかったらお願いします…

和やかなお写真!

おまけとおっしゃらず・・・りき彌さんはもちろんのこと、當十郎さんとのツーショット、嬉しいです!
TV放映、楽しみにしております!!

昨日 昼夜拝見しました!!

昨日拝見しました!!
対面での愛之助さん 声もよく通り元気いっぱいの五郎でしたね!!久しぶりの愛之助さんでした(笑)

吉田屋のおきささまは 松嶋屋の時とはちょっと違っていましたが(成駒屋の型だから当たり前ですが) 存在感たっぷりでした!!

でも私はやはり封印切のおえんさんが好きです!!
忠兵衛の鴈治郎さんものびのびとなさっていらしたような気がしました!!
仁左衛門さんの八右衛門が悪態をついている間 おえんさんは火鉢の縁を小さく叩いたり ジリジリしてる様子がよくわかって 私は大好きです!!
もちろん嫌みたっぷりで封印を切らす八右衛門も素晴らしい!!
ゲジゲジの八っつぁんがいてこそ忠さんは封印を切ることになるのですから…

朝早く東京から遠征して 日帰りで帰る為に棒しばりは諦めましたが 夜中に帰って疲れもあまり感じていないのは満足感いっぱいだからです!!
仲居さんたちが並ぶ場面などでは いつもご紹介してくださるお弟子さんたちをオペラグラスで一生懸命探すのは習慣になっています!!

残りちょっとになりましたが 来月も博多公演ですね!!
お身体にはくれぐれも気をつけて 1 2 3部とも楽しんでくださいませ!!



心配

お疲れさまです。
我當丈、二月休演なさるそうで、
お大事になさってくださるよう、お伝えくださりますように。

本日、夜の部にお伺いします

漸く、新春の舞台が拝見できますv-343
ワクワクします‼
口上も楽しみにしております。

おえんさん素敵でした!

本日、夜の部を拝見しました!

おえんさんがとっても可愛らしくて、キャーキャーと喜んでおりました。
おえんさんとかわさんが、忠さんを待つ間に簪で畳の目を数える占いをするところが素敵でした。

封印切りは、おえんさん(秀太郎さん)が活躍するので大好きです!

堪能させていただきました!!
ありがとうございました!

私も本日拝見♪

前からそうなさってたのかもしれませんが、今月のおえんさんの、治右衛門さんが川さんに「八右衛門殿のところへ行ってくれ」、と言った後、煙管で川さんに合図を送る前、治右衛門さんに、川さんと忠さんは深い仲やしなんとか添わせてあげたい、ということを言い出しそうで、でもいいかねて…のそぶりに二人の味方のおえんさんの気持ちがよう表れてて好きです♪

八っつぁんに煙吐きかけられてもとの火鉢のそばに戻ってからの「嫌い!」っていう捨て台詞も、本当におえんさんの口からついこぼれた一言って感じでリアルで好きですわ~♪
どこもかしこも素敵なおえんさんですが今月も明日で千穐楽、ちょっと寂しいです。本当に楽しい公演でした。素敵なお舞台、有難うございました!
明日も楽しみにしております!
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム