博多座初日!



去年の五月に、明治座で大好評を得た「伊達の十役」。大体が沢潟屋の復活歌舞伎なので今回も右近さん猿弥さんが猿翁さんの意のもとに演出、前回よりさらにグレードアップ、キャスティングも大幅に変更になり出演者の平均年齢はかなり若くなりましたが…前回の竹三郎さんの「料亭の女将」が笑三郎さんに変わったので、私が最年長の役者になってしまいました…、若いひとたち(役者)のパワーを受けて溌剌と演じます!!…(つもりです)。
 

コメントの投稿

非公開コメント

初日

おめでとうございます。
博多には 秀太郎さんの 栄御前 沢山の知り人が 楽しみに致しておりま~す。






本日初日

おはようございます。
本日開幕おめでとうございます。御写真拝見して、昨年の栄御前と較べて、若返ったなと感じました。染五郎丈昨年初役から、それほど間をおかない再演で、染五郎丈にとって好運だと思います。裏方さんたちもご苦労様です。宙乗りの機械的操作は専門の方に委託しているのだろうと思いますが、その他は、いつもの裏方さん担当で、かなりストレスを感じる狂言だと想像しています。とにかく事故-失敗なく、御無事で千穐楽を迎えられますように祈ってます。
秀太郎丈の出演する場面は、充実した場面なので、頑張って下さい。


初日おめでとうございます!

拝見出来るのはまだ先ですがとっても楽しみです♪
こんな大きな栄御前様のポスターがあるのですね~

寒い時季ですがお芝居も第三部も充実した楽しいひと月を過ごされますように!

初日おめでとうございます

博多では昨日、櫛田神社で豆まきとお練り、博多座でご挨拶もあったようですが、長老の(?)秀太郎丈のご参加がなかったようで、メディアの写真などもさびしかったです。14日のトークショーは若手の皆さんだけのようですね。
でも、この幟や栄御前のお写真が出ているのを拝見して嬉しいです。
明治座の時には、竹三郎さんの役がとても楽しかったけれど、今回はそのほかも含めてかなりキャストが変わっているのですね。でも上置きの秀太郎丈が一座を引き締めて。栄御前は演じ方も変わりませんか?
拝見したいけれど博多はあまりに遠いので失礼して、来月の覚寿にかけます。
4月の配役も発表され、秀太郎丈の上方の味が昼夜東京でも新鴈治郎さんを支えますね。「河庄」も、いつも小春だった秀太郎丈が今度はお庄、楽しみにしています。

初日おめでとうございます!

寒い日々の中今日の立春は明るい陽射しが
春の到来を促すようです。
博多はいかがなのでしょうか?
写真の栄御前と幟を拝見したら博多座へ飛んで行きたいような
衝動にかられました。大好きな秀太郎丈の栄御前拝見したいです。

おめでとうございます!

初日おめでとうございます!
栄御前にお目にかかりたかったのですが、都合つかず(-_-)
無事に千龝楽を迎えられますよう、祈念申し上げます。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム