2月14日(訂正)




博多座近来の大入りの内、今日15日無事に中日を迎えました。昨日14日はバレンタインデー!昼の部一回公演で、終演後観客にチョコレートのプレゼントがあり、夕方からは楽しいイベントがありましたが、私は第三部の前に映画を観に行って、イベントの詳しい内容は知りませんが、全て染五郎さんが構成し、楽しいコントなどを繰り広げたようです。千壽と松十郎が洋装の女性に使って頂いたそうです。松十郎に「写真を見せろ」と云ったのですが頑なに断られ、千壽は写メを送ってくれました!とにかく和気あいあいで楽しい一座です(^.^)ところでバレンタインデーには多くの方々からチョコレートを頂き嬉しかったです。実は2月14日は21回目の結婚記念日、上の娘はこの19日20歳になります!時の流れの速さにただただ驚くばかりです。時の流れの速さと言えば、今楽屋で「道明寺」のVTRを数種類観ていますが、国立劇場柿葺落とし、50年程以前の鴈治郎②おじさんの覚寿の素晴らしいこと!私の刈屋姫の可愛いこと!?。ただそのVTRに出演の役者も義太夫さんも全て故人…、残っているのは私だけです…。それにしてもそんなVTRを観せて頂くことが出来るのは本当に有り難いと感謝しております。

コメントの投稿

非公開コメント

松十郎さんのお姿

バレンタインの博多座は大変な盛り上がりだったようですね!
ツイッターやまとめサイトなどでたくさん感想を拝見しました。
ご本人は拒まれていたとのことですが、隼人さんのブログで松十郎さんのお姿を見ましたよ♪
こちらもお綺麗でした!

おめでとうございます

中日おめでとうございます。
ご結婚記念日おめでとうございます。
そして覚寿実現と、国立劇場上演の「道明寺」の中で、お一人だけ今も第一線でご活躍、誠におめでとうございます。
14日はバレンタインでしたが、博多に行かず、チョコレートも差し上げられず、楽しいイベントも拝見できなくて残念でした。yさんから詳しい報告を聞き、栄御前が素晴らしかったこと、後のイベントで染五郎さんが「秀太郎おじさまが栄御前に出てくださって最高の栄御前で有難いことです」と言ったこと、松十郎さんは誰だかわからなかったことなど聞きました。詳しくはyさんからコメントされると思います。千壽さんの写真有難うございます。松十郎さんの写真は隼人君のブログで見ました。
ご結婚がバレンタインの日だったとは存じませんでした。もう21年も前になるのですね。その年の夏に巡業に来られて楽屋をお訪ねした時に、下賀茂神社でのご結婚の記事のあるスポーツ紙を差し上げたことを思い出します。
そして国立劇場、昭和41年。今日のこのブログで、秀太郎丈以外はすべて故人となられたというのが胸に迫りました。新しい国立劇場開場の第一声を斉世の君でつとめた孝夫さんが今は押しも押されもせぬ菅丞相、苅屋姫で可愛かった秀太郎さんがとうとう覚寿、お父様初め、先輩の皆さんが目を細めて喜んでご覧でしょう。あと14日後の3月3日初日には、長年念願だった初役の覚寿様にお目にかかれます。指折り数えて待ってます。

チョコよりアイスクリーム

おはようございます。

中日おめでとうございました。
結婚記念日21回目、おめでとうございます。 これからも、御幸せに。御嬢様たちも、それぞれご活躍のことと思います。過ぎてしまえば一瞬のことのように思えますが、振り返れば、走馬灯のように様々な情景が目に映って来るのではありませんか。

人生は祭りのようです。

今日も元気で、すごされますように。

遅ればせばがら

中日と結婚記念日おめでとうございます!
お嬢様がもうご成人とは、月日の経つのは早いものですね。

お写真有難うございます!
先輩案内嬢役の千壽さんなかなかの美人でした。口元のほくろがチャームポイントでしかも美脚でしたわ…(^_^;)
相方松十郎さんは染五郎さんがそう紹介してくれるまで誰なんやろこの人?と思ってました。このお二人には心から拍手でした!
終演後の太宰府天満宮参拝は外せないから時間的にイベントに多少遅刻してもええかな?と思ったのですがこの楽しい携帯電話電源切れよの寸劇があったので遅刻せんでよかった!とつくづく思いました…

そしてあんなにハードな十役公演中こんな楽しいイベントを仕切る染五郎さん、ほんまに天晴れです♪
今月の私のメインイベントの博多の一日が終わってしまいましたが余韻で残りの二月を乗り切れます♪

国立開場時の菅原、数年前大序から筆法伝授までは記録映画上映会で拝見しましたがこの時の道明寺は拝見出来ておりません。17世勘三郎さんが丞相様だったんですよね?ちょっと想像できません~
秀太郎さんの苅屋姫は加茂堤での孝夫さんの斉世親王との初々しいカップルぶり拝見出来ました♪友右衛門さん時代だったかしら?の雀右衛門さんの八重と梅幸さんの桜丸が素敵でしたが来月はお孫さんが桜丸ですものね~歳月を感じますがこうやって同じお役を祖父と孫や親と子とで拝見出来るのも歌舞伎の醍醐味ですね!
初役の覚寿、とっても楽しみです♪
博多座の後半も益々の大入でありますように!

連投ですみません

イベント参加のお二人とたか志さん松太朗さん以外の松嶋屋ご一門お揃いでのお写真も有難うございます!
皆様のご活躍ぶりもしかと拝見いたしました!

沢山おめでとうございます!

遅れてしまいましたが
中日おめでとうございます!
ご結婚記念日おめでとうございます!
バレンタインデーにご結婚とはラブラブラブで
すてきです~~!!
お嬢様方も成人されて姫君三人に囲まれて
秀太郎丈がお若いわけですね。
博多座のご盛況嬉しいです。
千壽さんの女の色気が圧倒的です。松十郎君の
ロンゲのお姉さんも拝見したかったです。

それにもまして栄御前さまを拝見したいです!!!
心から楽しそうなお写真ありがとうございます。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム