2月19日


上の娘がついに20歳、成人になってしまいました!!あの阪神淡路大震災、平成七年一月十七日には妻(母)のお腹にいて、翌月十九日に生まれてきた娘が二十歳になってしまいました!母(祖母)がとても喜んで、父(夫)をなくして間がなかったので余計に可愛がってくれるさまを見て、家内のお陰で「親孝行」が出来たような気になりました。あれから二十年…その母も、また翌年生まれた妹娘の二人に踊りの手解きをしてくれた姉、娘たちにとっては叔母にあたる花柳寿々も亡くなってしまっているのが残念ですが、時の流れで仕方のないことかも知れず、むしろ齢53歳で結婚して元気に娘の成人式にいられることは、とても幸せなことと感謝しています。益々心をこめて舞台を大切に勤め娘たちに認められる役者になりたいです!!。

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます。

おはようございます。
本日東京は暖かく、風に春の気配が感じられるのを期待してます。

上のお嬢様、誕生日おめでとうございます。今回は成人のお祝いでもあり、秀太郎丈の感慨も常ならずでありましょう。とても美しいお嬢様ですね。幸せで良い人生を歩まれるように祈ってます。

今日も元気で、すごされますように。

可愛いらしい!

お嬢様のお誕生日おめでとうございます!
お母様やお姉様や奥様やお嬢様への愛情溢れる文章になんだかじ~んときております!
あちらで可愛いらしい孫娘さんのご成人を十三代目さんも大奥様も目を細めてご覧になっていらっしゃることでしょうね。

おめでとうございます!

上のお嬢様が成人されたのですね!
秀太郎丈の家族への愛、舞台への愛
そしてまわりの方々への愛が心に沁みます。
また、中洲の屋台の雰囲気を楽しまれる様子
想像して私も楽しませていただきました。
日差しが少しづつ温かくなるようで梅も時を
えているのではないでしょうか。
お元気でご活躍お祈りいたしております。

おめでとうございます

平成10年に中之芝居の「狐静化粧鏡」を拝見、第二幕第一場元興寺庫裏の場。秀太郎さん演ずる静に化けた狐が連れて来た可愛い二人の女の子。わぁお嬢さんだ!途端に静がパパの顔になってにこにこ。お父様の千代之助の千の一字をおもらいになって名付けられたちいちゃん。
お誕生日は毎年来るけど、二十歳のお誕生日は格別ですね。おめでとうございます。

お疲れ様でございます

秀太郎様 博多座、拝見いたしました。
相変わらず素敵でした・・・。
お嬢様おめでとうございます。
秀太郎様の素敵なオーラに感動してから、全く興味がなかった歌舞伎に出会うきっかけをいただき、幸せです。
自分の周囲の人にも歌舞伎の素晴らしさを伝えています。
役者様方のいろんな意味での凄さ裏方様の凄さがひしひし伝わってきました。
本当に尊敬します。
秀太郎様は私の人生に影響を与えています。
しがない元ひつまぶしパートタイマーより。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム