道明寺








お陰さまで無事に千穐楽の舞台を終えて、大阪に向かっています。特に今月は京都大阪からも度々お運び頂き、また京都の花街からも春のおどり・をどりの
お稽古の間をぬって、芸舞妓さん方が何度も観にきて下さって、とても嬉しかったです!とにかく「覚寿」を無事に勤めおおせる事が出来、有り難い事と感謝しています。(尚、添付の写真は「道明寺の三女形」刈屋姫・立田の前・覚寿のまたとないスリーショット。襖を開け閉めするりき彌と愛一郎。幸雀・京妙さんと千壽の腰元です)ご支援有難うございました!

コメントの投稿

非公開コメント

道明寺!!

感激の連続で
あまりにも 素晴らしい覚壽さまに からだの自由を奪われたような 感動でした。 こ兄弟の 道明寺
拝見出来ました事 この上ない 有難い事でした。
有難うございました。
感激のままに







千穐楽おめでとうございます

長年の念願だった覚寿様を拝見できて本当に嬉しゅうございました。品格、強さ、情……すべてに満点の覚寿様でしたが、折檻、立回り、何度も階段を下りたり上がったり、木像を抱いて階段を上がるなど(あの木像の重さはどのくらいですか?いかにも重そうに大切そうにお抱きになって)。また娘苅屋の行為で丞相様が追われ、もう1人の娘立田が殺され、敵は婿とその父親、そしてついに丞相様を見送る……精神的に辛いことの連続で、その上、ご自身のお体もしんどかったと思いますが、無事に楽を迎えられて本当に何よりでした。
4月は持ち役のおきささんの他に、夜は茶屋女房、そして「河庄」のお庄さんですね。すぐにお稽古も始まるでしょうが、どうかお体を大切になさってご熱演くださいませ。楽しみにしています。

おつかれさまでした

品のある、格のある、芯のあるいい覚寿で、厚みがあり見応えのあるいい道明寺でした!この道明寺が見られことに幸せを感じております。

お疲れさまでした。

千穐楽おめでとうございます。
少し大阪でゆっくり出来れば良いと思いますが、四月は二日が初日で、ご苦労さまです。多様な演目ですね。

写メ、ありがとうございます。皆様、心に熱い思いがあるように、お見受けしました。また古文書?(-_-)のような「型」の記録文書、昭和三年歌舞伎座、覚壽が先代市川中車(八代目?)とあり、また昭和五年毎日ホールとあります。第二次世界大戦の約10年前の記録ですね。まさに伝統は絶え間なく、大河のように伝わって行くのですね。感銘を受けました。目ずらしいものを見せて頂き、本当にありがとうございます。

四月には我当丈、御出演で、安堵いたしました。

桜も明日には咲くと思います。幸雀丈は‘’Le temps des cerises‘’[さくらんぼの実る頃]を、初夏を先取りして歌われるているのでしょうか(-_-)。皆さん個性的で嬉しく思います。

涙(T^T)

拝見する度に進化する覚寿さん、今日でお会い出来なくなるのが淋しくて仕方ありません。
今後、秀太郎さん以上の覚寿を観る事は無理だろうな、と思った程です。

立田さんの死を知り太郎を討つと決めるまでの無言の演技から毎回目が離せず、その時は愛之助さんも舞台にいらっしゃるのでそちらも観たいのですが、どうにも覚寿さんから目が離せず(^^;)
今日くらいは愛之助さんも…と試みたのですが、やはり覚寿さんの、無言ながら全身に漂う感情のほとばしりから目が離せないままでした。

これまでは立田さんが大好きで、何度も何度も拝見して科白も覚えちゃってましたが、覚寿さんも科白を覚える位にもっともっと観せて戴きたいです!

動きも多く、あんなに声を張ったお役をなさったのはあまり記憶にありません。
来月のお稽古までの束の間のお休みで、お疲れが癒やされますように。

素晴らしい舞台をありがとうございました!

千穐楽おめでとうございます!

「覚寿」さま絶賛の「道明寺」とうとう千穐楽を大盛況で
打ち揚げられ本当におめでとうございます!
格調の高いお舞台に感動いたした。大切に継承されていく
歌舞伎の素晴らしさを想い、秀太郎丈の「覚寿さま」
仁左衛門丈の「道真公」を拝見できましたて大きな幸せをいただきました。
台本と、手書きの覚書(?昭和5年?)が大切に秀太郎丈のもとにあり
お導きがあったことも驚きと尊敬でいっぱいです。
さらなるご活躍をお祈りいたしております!
ゆっくりお休みになる時間がありますように!

お疲れ様でした

素晴らしいお舞台有難うございました。

来月のお稽古まで少しはゆっくりなさるお時間ございますでしょうか?
御身体ご自愛下さいませ。

感動、感謝です。

千穐楽おめでとうございます。

私も、感激の連続でした。
本当に素晴らしかったです。
見に行ってよかった!
その一言に尽きます。

千穐楽おめでとうございます

菅原伝授手習鑑の通し、そして道明寺の舞台、終わってしまうとなんだかお名残り惜しい気がします
また、秀太郎様の覚寿様、そしてこの共演された役者さんで、道明寺の再演をお願いしたいと思っています
来月は引き続き歌舞伎座御出演、鴈治郎丈襲名披露公演ですね(*^_^*)とても楽しみにしております
本当にありがとうございました。お疲れ様でしたm(_ _)m

千穐楽おめでとうございました!!

遅ればせながら 千穐楽おめでとうございました!!
本当に本当に素晴らしい道明寺でした!!


たくさんのお写真 嬉しく拝見しました!!
少しでもゆっくりなさり お疲れを癒してくださいませ!!


すばらしかったです

中日と千穐楽、二度見に行きましたが、覚寿が立田の前の死を悲しみ、娘の敵を討つ場面まで、ボロボロ大泣きして見ていました。
覚寿が何を思い苦しんでいるのか、台詞のない場面でも、覚寿の佇まいを見るだけで伝わるのが素晴らしいと思いました。

今月「道明寺」を見られたことは私の宝物です。
ありがとうございました。

秀太郎さん!

今月のお芝居。
秀太郎さんが覚寿をお勤めになった事で、お芝居拝見して、これが「歌舞伎の義太夫狂言だ!!」 と実感しました。
素晴らしいもの拝見させて頂き、本当に有難うございます。
仁左衞門さんの承相
秀太郎さんの覚寿の
ご共演の 道明寺 は 珠玉であり、現在の歌舞伎界の宝物 と感動しております。
本当に素晴らしい覚寿
有難うございました。

プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム