あと八日…

歌舞伎座四月興行もあと八日になり、今月が終わると歌舞伎座ともしばらくお別れです。昨日十七日はNHK・TVの収録がありました。私が出ている三つの狂言の内では「芝居前」と「河庄」の二演目が来月オンエアされるようです。ただ、いつもの事なのですが、収録の日の客席はいつもより静かで拍手なども少なく、収録の次の日の客席はとても活気があり、拍手も歓声も賑やかなのです…。芝居はいつもと変わらないのに…、不思議と毎回そうなんです。今日のお客様も素晴らしく、「芝居前」の「どよめき」や、「河庄」の善六・太兵衛の「浄瑠璃」のくだりも拍手喝采で、とても盛り上がっていました。「今日が収録なら良かったのに…」と、ちょっと(かなり)残念でした。私は元来「拍手や掛け声」は気にしないのですが、TVの収録の日は必ず客席が静かなのはいつも不思議に思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

お写真

有難うございま~す!

本当に う~ん
例えようもなく お綺麗で嬉しいです。






収録でしたか

衛星劇場では放送が定番でしょうが、NHKも放送してくれるんですね。「芝居前」も「河庄」も秀太郎丈としてはオリジナルですから嬉しいです。
私もたびたび収録の日に観劇となることがありますが、収録していると思うとよけいに張り切って一生懸命拍手します。そして放送を見て拍手が聞こえると、ああ私の拍手の音が映っているわと自己満足します。
それなのに、収録の日はいつも客席が静かだとお聞きして驚きました。舞台前に並んだマイクを見て遠慮してしまうのでしょうか。客席の熱い反応がキャッチされないのは残念ですね。
素敵なお写真、惚れ惚れします。
あと1週間、お気ばりやす(これ、京都弁になっていないかな?)
しばらくご無沙汰していますが、三回目の拝見は千穐楽昼夜です。

収録

おはようございます。
いつも素敵な写メ、ありがとうございます。

NHK収録ということで、御客様は緊張してしまうのでしょうか。平常と反応が異なるのは残念です。私だったら、そういう場合、ちょっと長めに拍手するとか、場違いなところで、拍手するとかして、放送時に「あ!これ俺の拍手だ。」と判るようにすると思います。(-_-)

前回の御写真の色調、最近、歌麿が描いたものと判明した『中国の仙女』によく似ています。モデルは秀太郎丈ほど美しくないので残念ですが、風情がある作品です。六月中旬まで、大阪市立美術館 浮世絵展《美の競演》に出展されているとのことです。今回の展覧会に限らず、浮世絵は歌舞伎の一面を観ているようで、興味深いです。

今日も元気で、すごされますように。

テレビ放映楽しみです♪

収録は平日が多いので週末の観劇を心の励みに仕事頑張ってきた勤め人がめいっぱい楽しむ週末より客席が静かめなのではなかろうかと勝手に推測しております…。勿論週末お仕事で平日お休みの方も沢山いらっしゃいますが…

来週末の拝見を楽しみにしております!

来月明治座六月博多座七月松竹座八月ご指導とお盆…次の歌舞伎座ご出演は九月以降でしょうか?

今日を含めてあと八日、お元気でおつとめくださいませ。

テレビ中継

お疲れ様です。放送されるのが楽しみです
拍手が多いと気分が乗ってこられる役者さんもいらっしゃるようですね
TVカメラがあると、何となく意識してしまうのかもしれませんf^_^;)
今回の舞台は全体的に日数を重ねるほどに面白くなって良くなってきているいう観客の方もいて、そう言われるとまた見たくなってしまいます
残りの日数もお身体をいたわりつつ頑張ってくださいませ~m(_ _)m
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム