華やかに



昼夜共に大入りの大盛況!素敵なお客様に迎えられ、華やかに花形歌舞伎の幕が明きました!「鯉つかみ」での「りき彌」も何とか抜擢に応えたようですが、実は彼が前半・踊っている間、私は「スッポン(花道のセリ)」にスタンバイしていて、実際の舞台を見られないのです。が、お客様の反応を感じ、「何とか無事に勤めているように思いました。勿論まだまだ未熟ですが…。未熟と云えば私も、まだまだ「これで良い!」とは思いません。一日一日を大切に誠実な舞台を勤めたいと思っております。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム