明日は初日


舞台稽古を無事にすませ、いよいよ明日は初日です。今回の「芸道一代男」は歌舞伎の稽古としては、珍しく6日間あり、今日は初日通りの最終稽古でしたが、とても良い状態で明日の初日を迎えます!26日の千穐楽まで息切れしないように頑張りますので、blogをご覧になるだけでなく、とにかく芝居を観て下さい。役者は舞台を観て頂くために頑張っております。宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

拝見の日を

楽しみに楽しみに いたします。
益々の ご健康 いのりあげます。

お写真有難うございます。





拝見する日を楽しみにしております!

拵えのお写真、有難うございます!
どんな母上なのかと楽しみです♪

拝見する日まではブログを楽しみにし、またご覧になった方のコメントも楽しみにいたします!

くれぐれも御身体にお気をつけて充実の博多ライフをお楽しみ下さいませ。

妙なる調和

六月二日
おはようございます。本日初日でおめでとうございます。
秀太郎丈の舞台人生で、稽古が六日あった狂言というのは、そんなに無かったのではないかと思います。
上演される機会が少ない、また上演時間が二時間強の作品である等の理由があるのでしょうが、それ以上に、この作品に対しての皆様の思い入れを感じます。拝見楽しみです。

役者さんと共に一つの同じ空間で、同じ時の流れのもとに、演技により追創造された作品を享受することは、本当に大切なことですね。

今月は千壽さんは「おとも」で、出演するのは伺ってますけれども、りき彌さんはどうなさっているのでしょう。

今日も元気で、すごされますように。


プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム