中日



今日中日を迎え、いよいよ後半に突入します!博多はとても楽しく、ここ数年お馴染みも増え、また東京大阪の御贔屓や、京都のご連中も観に来てくださって、終演後は共に博多の夜を楽しんでいるので、もう少し日延べしてほしいほどです!こう考えてみると、私は行く先々でその土地を楽しんでいます。順応性があるのか気が多いのか…。「芸道一代男」も好評で、千壽も頑張って、私も毎日楽しく舞台を勤めています(^.^)

コメントの投稿

非公開コメント

見た~い

千壽さん、可愛い~!!
yさん今頃見てるかな?羨ましい!!!

可愛い!

千壽さんのお写真有難うございます!
まるっこいお顔故可愛いお役が似合うかとおもいきや案外色気のあるお役の方が似合う不思議なお子じゃと思ってましたが
経験つんで成長されてこういう可愛いお役もすんなり似合うようになられたようですね~楽しみです!
お昼は山城屋さんの若さと元気にこちらが元気を頂きました。

そして芸道一代男、これのために参りましたのでお妙さん、とっても楽しみです!

中日、おめでとうございます。

中日、おめでとうございます。

東蔵丈の娘さん、こんなに可愛くてよいのでしょうか。(-_-)

歌舞伎座の「新薄雪物語」、良かったです。歌舞伎はスターシステムですね。どの狂言も役者が揃わないと、面白くないです。仁左衛門丈を初めとして、皆さん立派な役者でした。千壽さんもキラリと光ったスターに近づいたと思います。

愛之助丈は一公演で2時間半位、舞台に出ていると思います。無事に千穐楽まで頑張ってくれますように。

博多座は土曜日に、久留米の友達と共に拝見します。

ネイルド チュルゴッケ チネシプシヨ、明日も楽しくすごされますように。





プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム