中日も…




中日の舞台も無事に打ち出し、お客様もご感激のようでした。今日も東京、大阪から遥々の「ご観劇」に「感激」です!!今日はお昼から博多の御贔屓ご夫妻に「美味しいお蕎麦」(箱崎の宗右衛門)をご馳走になり、早目に楽屋入り、モニターで拝見する山城屋さんの曽根崎心中の「お初」に、沁々感動を覚えました。写メは千壽の女郎、それと私の「お妙と口上」です。

コメントの投稿

非公開コメント

中日おめでとうございます

見ごたえのある博多座公演も、早くも中日ですね
秀太郎様、千壽さんの素敵なお写真ありがとうございます〜博多座の賑わいが伝わってきます
曽根崎心中、何度観ても良い舞台です〜藤十郎様の感動の舞台ですね
福岡、博多座ぜひ行ってみたいです
梅雨どき、蒸し暑くなってきましたが、お身体ご自愛されて、舞台、後半も頑張ってくださいませ

新しい朝

おはようございます。
写メ、ありがとうございます。
お妙さんの写真、お妙さんの日常生活をも思い浮かべることのできる、優れた写真だと思います。秀太郎丈の写真はいつもドラマがあり、興味深く拝見してます。
口上の拵えの写真、可愛さのなかにも、凛とされていて、祝賀的雰囲気と程よい緊張感もあり、素晴らしいです。
千壽さんの写真、美しく、また衣装の色の対照が醸しだす調和が良いと思いました。

昨夜はタイミングがわるく、この前の記事にコメントさせて頂き、発信した後に、この記事に気がつきました。少し煩雑と感じられるかも知れませんが、御容赦を。

今日も、元気ですごされますように。

お写真色々有難うございます!

昨日拝見、感動しました!
三栄さんと翫雀さんとのやりとりを座敷の外で座り聞きしてるお妙が台詞はなれど心の動きがよーく分かって一緒に感激したり感謝したりして泣けてきました!

ラストシーンもそっとお妙の手をとる翫雀さんと連れだって歩くお妙さんに鴈治郎はんと一緒に「ええもんやなぁ」と見とれておりました。拝見出来てよかったです♪

千壽さんの抜擢も嬉しかったです~

曽根崎の女郎ではいつもこのお初の朋輩さんたちって興味本意で徳様のことお初に聞いてるんかいな?と思ってましたが千壽さんのは仲良しの朋輩の馴染み客のことを心底心配してはったのがとても好感もてました♪台詞同じやのに言い方で印象ってかわるもんやなぁと…
そして山城屋さんのお初、二月より一層若くお元気に見受けられました。凄い!

秀太郎さんもいつまでも瑞々しく素敵でいらして下さいませ(^-^)/
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム