癒されます




舞台を終えて、お食事してホテルに帰ると、毎日可愛いお花が「お疲れ様…」と迎えてくれます。博多座公演ではいつもこのホテルに泊まっていますが、フロントやスタッフの何気ない優しさにもいつも癒されています。

コメントの投稿

非公開コメント

癒されます

ホテルの優しい心遣いのお花、お帰りになって癒されるお気持ち、写真を添えてのご報告、さこそと、読ませていただく私どもも温かい気持ちになります。
こちらは、秀太郎丈のブログを読ませていただくたび、癒されています。

形 彩 香

おはようございます。
可愛らしい花の写メ、こちらまで癒されました。ありがとうございます。照明、良いです。『陽』『陰』→『中庸』で心のバランスが取り戻せますね。心配りのあるホテルに滞在され、佳いです。

この前、博多で公演の際には「深夜食堂」が気に入られようですが、今回も何か良い映画が上映されていると、よいのではないかなと思ったりしてます。

今日も、元気ですごされますように。

綺麗ですね

お花、癒されますね~♪
テーブルにお花があるだけでお部屋の雰囲気がかわりますね。

可愛いお花に癒されて、今日もお元気でお舞台をお勤め下さいませ。

可愛い~

おもてなしの心が優しいですね。
澄んだ水にかれんで綺麗なお花が、そっと
置かれている・・・それをご覧になり癒されると
おっしゃる秀太郎さんの柔らかな心を想いました。

私も癒されます・・・

今日も一日お疲れ様でした。
ホテルのスタッフの方々の心遣いが嬉しいですね。
お写真を見て、私も心が和みました。明日に向けての元気をいただきました。どうもありがとうございます。
梅雨空が続きますが、どうぞお身体に気をつけてお勤め下さいませ。

ハレの日

おはようございます。
本日、夜の部、拝見します。
楽しみです。

元気ですごされますように。

素敵な心遣いですね

素敵ですね。
秀太郎さんが、愛されている証拠ですね。

毎日と言うことは、ホテルスタッフの皆さんが応援されてるんだな~。と、感じました。

筑前芝居

お疲れさまです。

秀太郎丈、深い演技で良かったです。
良い役者、良い本で、充実した芝居で感動しました。皆さん安定した演技でこちらの心の琴線にふれる芝居でした。一緒に拝見した、歌舞伎を実際に観るのは初めての友人も、よかったと言ってます。

あと六日ですか。この公演を楽しんで勤められますように。


プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム