あと三日…


元気に楽しく舞台を続ける内に、今月の公演も後三日になってしまいました…。「芸道一代男」は懐かしい演目のうえ、こういった狂言は今後いつ上演されるかわからないし、現に今回「娘役(s40)」から「母親」に変わって50年振り、多分あと50年は生きてないと思うので…?、とにかく後三日心を込めて勤めます。

コメントの投稿

非公開コメント

京の顔見世に

出ますように
正月の松竹座にも
出ますように
あまりよかったので
おねだり です。
マンマンチャンアン です







京の顔見世に

出ますように
正月の松竹座にも
出ますように
あまりよかったので
おねだり です。
マンマンチャンアン です






中洲-泣かす-写メ

おはようございます。
「芸道一代男」日本各地、とりわけ関西での再演を、御願いします。お客様にとって、鴈治郎丈についての理解がより具体的になり、上方歌舞伎全体に、より親しみを感じるようになるからです。

博多ではあと三日ということで、残念に思われている御客様がたくさんいらっしゃるでしょう。ともかくお客様のため、大切にすごされますように。

これからも、末長い御活躍を、お願い致します。

昨晩はひどい雷雨でしたが、今日は快晴です。暑くなりそうです。今日も、元気ですごされますように。

南無<帰依します。祈ります。> 妙<調和に満ちた> 歌舞伎。


お妙さん

仕草が素敵ですね~

本当にこのお芝居、鴈治郎襲名にぴったりだったので大阪でもしてくれたらよかったのに…でした。

博多座お名残惜しいことでしょうけれど、はや来月の大阪が楽しみです

あと三日お元気でおつとめになりお元気でご帰阪なされますように。

素敵!

自然に漂う女らしいオーラが素晴らしいです。
とうとう博多に行けなくて残念です。
お妙さんなんですね…拝見したかったです。
お写真ありがとうございます!
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム